近藤の銀クリ治療経過

  • 治療開始前
    (頭頂部)

    治療2年
    (頭頂部)

  • 治療開始前
    (後頭部)

    治療2年
    (後頭部)

銀座総合美容クリニックの治療体験談

20代若ハゲの対策まとめ!忍び寄る薄毛に対する予防&改善方法とは

null
※本記事は2019年7月末の情報をもとに作成

 
「ちょっと待ってよ、まだ20代なんだけど!」
ふと鏡に目をやって、お風呂場の排水口を見て、起床時のマクラのモジャモジャに、ガクゼン!としたことはありませんか?

いつかはくるとは思っていたけど、まさかこんなに早いなんて…。
「すでに周りに気づかれているかも?」
なんて考えると、仕事に行くのさえ苦行に思えてきますよね。

とはいえ20代であれば、多少薄くなっていてもその多くは初期の段階。
早めに手を打てば、まだまだ巻き返せる可能性大です。

でも、いったい何から始めればいいの…?

そこで、すでに始まってしまった方、そして未然に防ぎたい方も必見!

魔の手から全力で逃げるための、20代ならではのハゲ対策方法をまとめました。
ぜひ参考にしてみてください。

 

  • 管理人の僕、近藤あきら(@kondo_aga)は、20代後半からAGA(男性型脱毛症)(※詳細)に悩み始めました。

    ただ40歳手前に銀クリで治療を始めるまでは、AGA改善に適切な対策を取れていませんでした。

    若ハゲに悩む方は、僕が銀クリに通院するキッカケや改善記録(内服薬治療)もぜひチェックしてみて下さい!


目次

20代ならまだ取り戻せる!?日常に潜む危険を検証して対策を!

20代で「薄くなったかも?」程度の段階であれば、もしかしたら普段の生活に潜む原因を取り除くことで、まだ間に合うかも知れません。

髪の毛を生やす器官も身体の一部。
ちょっとした不摂生や負担で、発毛パワーが衰えてしまうケースもあるからです。

原因さえわかれば、まだまだ巻き返せます!
この機会に、髪の毛や頭皮にダメージを与える要因がないかチェックしましょう。

栄養バランスは大丈夫?

当然ですが、髪の毛を作り出すにも栄養が必要です。
栄養バランスがくずれた食生活では、元気な髪の毛を生やせないことは、しっかりと認識しておきましょう。
まんべんなく必須栄養素を摂ることは不可欠ですが、とくに髪の毛にプラスになる栄養素をまとめました。

 

たんぱく質・アミノ酸

髪の毛はほぼたんぱく質(ケラチン)でできているため、不足したら大問題です。

18種類のアミノ酸で構成されているケラチンのためにも、動物性・植物性を問わず、たんぱく質をしっかり摂りましょう。

ミネラル類

ファストフードやインスタント食品が多い食生活では、ミネラルが不足しがち。

とくに意識して摂りたい主なものはこちらです。

亜鉛⇒たんぱく質を合成するときに必要
ヨウ素⇒髪のツヤと成長に役立つ
鉄分⇒髪質をアップさせる
⇒メラニン色素の合成に使われる

ビタミン類

身体の成長や健康維持に欠かせないビタミン類は、髪の毛にとっても大事な栄養素。

ほとんどのビタミンは体内で作れないため、摂取しなければ悲惨なことになりかねません。

【髪の毛の生成のためにとくに重要】
・ビオチン(ビタミンH、ビタミンB7)
・ナイアシン(ビタミンB3)
・ビタミンB2
・ビタミンB6などのビタミンB群

【その他で押さえておきたいビタミン類】

  • ビタミンA(抜け毛やフケを防ぐ)
  • ビタミンE(アンチエイジング作用がある)
  • ビタミンC(血管保護や血行促進に効果的)

髪のために摂りたい食品

上記の栄養素は、人間が生きていくための基本のもの。
それ以外にも、育毛のサポートになる食品があります。

大豆食品

大豆に含まれるイソフラボンは、ホルモンバランスを整えつつ、抗酸化作用、新陳代謝の活性化、コラーゲン生成促進効果で髪の毛の健康を支えます。

トウガラシ

トウガラシのカプサイシンといえば、育毛サプリや育毛剤でもすっかりおなじみ。
血行を促進して新陳代謝を高めるので、髪の毛に栄養が行き渡りやすくなります。

海藻類

「ワカメを食べると髪が生える!?」といった都市伝説はおいておくとして、海藻類にはビタミンやミネラル(ヨウ素)、フコイダンなどの育毛にプラスになる栄養素がたっぷり含まれています。

  • これらの食品は発毛効果こそありませんが、育毛効果にはバッチリです。
    摂りすぎは問題ですが、毎日少しずつ摂取したい食品たちですね。

十分で規則的な睡眠は絶対条件

眠っている間にこそ、成長ホルモンは活発化します。
「寝る子は育つ」とはよく言ったもので、適度な長さの深く良質な睡眠が髪の毛を育ててくれます。

とくに、眠りについてからの30~90分後は多くの成長ホルモンが分泌され、「ゴールデンタイム」や「シンデレラタイム」と呼ばれるほどです。

このチャンスを生かすためにも、安眠できる環境を就寝前に整え、しっかり熟睡できる工夫をしましょう。

たとえ睡眠時間が足りていたとしても、毎日の生活リズムが乱れていれば、身体や精神面には大きな負担となります。

睡眠サイクルが安定していなければ、入眠後の成長ホルモンの分泌もスムーズにいかなくなります。

交代制勤務のお仕事に就いている方はなかなか難しいでしょうが、できるだけ安定した生活リズムで過ごせるよう気をつけてください。

ストレスは髪の毛の大敵!

20代といえば、ビジネス面でまだまだ立場的に弱い方が多く、プライベートでも恋や友情といった対人関係でいろいろと苦労が多いもの。
ストレスとは縁が切れないお年頃ですよね。

このストレスこそ髪の毛の敵で、抜け毛の原因のひとつに数えられます。

ストレスを受けると、血流をコントロールしている自律神経のバランスがくずれ、頭皮の血行も滞りがちになります。

またホルモンバランスの乱れから、AGA(男性型脱毛症)(※詳細)の主な原因とされる男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン(DHT)」が多く生成されてしまうことにもつながり、ハゲやすい環境へとまっしぐらに。

加えてストレスは、不眠症の引き金にもなりやすいため、せっかくのゴールデンタイムをムダにしてしまうことになってしまいます。
上手に息抜きして、ストレスを溜め込まないように心がけましょう。

アルコールやタバコは控えめに!

飲酒も喫煙もたしなむ程度であればあまり影響はないのですが、度が過ぎてしまえば、これらの害はいわずもがな。

アルコールは、その分解のために髪の毛に必要な栄養分がゴッソリ使われますし、タバコは血流を悪くする成分が含まれているので、髪の毛にはマイナスです。

  • 銀クリの診察でも、1日1箱以上のタバコは影響があると聞きましたね。
    アルコールは、AGA治療中の場合、飲む量よりも飲む時間によって影響を受ける可能性があるとのことです。

    診察時に聞いた質問は、通院レポートでまとめてます。
    飲酒や喫煙、エナジードリンク摂取でAGAが進行する!?

間違ったヘアケア方法が髪の毛にダメージを与える!?

忙しい毎日を過ごしていると、良くないと知りつつも、なかなか生活習慣は改善できないかもしれません。

しかし、日々行っているヘアケアが髪の毛にダメージを与えているのだとすれば、比較的簡単に変えられるのではないでしょうか。

シャンプーやコンディショナーの成分を確認する

ドラッグストアの棚にズラリと並ぶシャンプーやコンディショナー。

どれも魅力的な宣伝文句で購買意欲をくすぐりますが、その中に髪の毛や頭皮を傷める成分を配合している製品がたくさんあるのをぜひ知っておいてください。

髪の毛をやさしく洗い上げるのは、何といってもアミノ酸系シャンプーです。
人間の肌の角質層にある天然保湿因子の半分を占めるアミノ酸で洗うのですから、洗浄力は強くはないものの、刺激はグッとおさえられます。

逆に洗浄力が強く、頭皮や髪の毛を乾燥させてしまうおそれがあるのが、高級アルコール系シャンプーです。
洗浄成分に「○○硫酸」といった名前が書かれていたら要注意です。

また「育毛シャンプー」と分類されるものにも避けたほうが良いものはあるので、商品の宣伝文句やネーミングにとらわれず、成分を確認する習慣をつけましょう。

スタイリング剤のタイプにも要注意

シャンプーやコンディショナーだけでなく、スタイリング剤にも気を配りましょう。

成分はもとより、頭皮にベッタリとついてしまうようなタイプのものは注意が必要。

使用する場合でも、帰宅したらすぐに洗い流すなど、付着時間を少しでも減らす工夫も大事です。

スタイリング力は劣るものの、馬油や椿油などの天然オイルをスタイリング剤代わりに使う方法もあります。
ただし、紫外線を浴びると酸化しやすく油焼けを起こしてしまうものもありますので、UV対策もあわせて行いましょう。

  • 銀クリの診察で整髪料に関して聞きましたよ。

髪の毛自体は角質(死んだ細胞の塊)なので傷む心配はないものの、頭皮が荒れることは抜け毛が増える要因となるため、頭皮に付着するのは良くないそうです。

ハードスプレーは、セット時や掻くなどの物理的な刺激でも抜けやすいので、とくにガチガチのハードタイプのジェルやスプレーは避けるべきとのこと。

頭皮に大量に付かないよう注意して、軽くワックスを付ける程度で済ませましょう。

紫外線対策で髪の毛や頭皮を守る

紫外線を無防備に浴びると、髪の毛や頭皮を劣化させてしまいます。
なぜなら、紫外線にはたんぱく質を変性させる性質があるためです。

美容業界では、肌を老化させる原因の8割は紫外線と言われているくらい、とても危険なもの。

そして透過性の高いUV-A波は、毛根や毛母細胞にまでダメージを与えてしまうのでUV対策は必須です!

  • 陽射しの強い夏の間にサンサンと紫外線を浴びてしまうと、秋にドバッと抜けてしまう「秋抜け毛」を招いてしまうケースもあるので、普段から直射日光に頭をさらさないようにしましょう。

    秋抜け毛は、こちらの記事で詳しく解説しています。
    秋抜け毛を悪化させる原因とは!?

  • 若いうちは、何も気にせずケアも怠りがち。
    僕も20代の頃までは、たとえ雲ひとつない快晴の日でも、「日焼けしてナンボ」「キャップなんかダサイ」なんて感じで何も対策してませんでしたね。(汗)

とはいえ先述したように、頭皮の荒れにより抜け毛が増えるケースもあるわけです。
頭皮を守るために、ちょっとした対策もコツコツ行っていきましょう。

ただ鏡でも見ても、自分の頭皮の状態はよく分からないもの。

なので、気になる方や心配な方は、AGAクリニックの無料カウンセリングを受けるのも一つの方法です。

マイクロスコープを使って、客観的に頭皮の状態を見ることができますし、例えば乾燥していれば洗い過ぎの可能性があるので、今後の対策方法も見えてきますよ。

もちろんAGAが不安な場合も、どのような治療方法があって治療費がいくらなのかを知るだけでも参考になるでしょう。

カウンセリングを受けたからといって、絶対に治療を開始する必要はありません。

何と言っても無料ですから、一度気楽な気持ちで受けてみましょう。
カウンセリングを受ける20代の方も増えてきているそうですよ。

  • 僕が実際にマイクロスコープを体験した様子は、クリニック取材レポで詳しく見ることができます。

    気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

予防だけでは物足りない!一歩踏み込んだ対策は?

20代なら、ここまで取り上げたマイナス要因を見直すことで、抜け毛がストップするケースは十分あり得ます。

しかし、すでに成人男性の薄毛の9割を占めるAGA(男性型脱毛症)(※詳細)が疑われる場合は、次なるステップが必要になります。

ミノキシジル配合の発毛剤

発毛剤とは、日本で唯一一般用医薬品として発毛効果が認められている成分ミノキシジル(※詳細)が配合されている外用薬です。

大正製薬の「リアップシリーズ」、ジェネリック医薬品の「スカルプDメディカルミノキ5」や「ミノグロウ」などがあります。

※国内の発毛剤一覧などの詳細記事はこちらです。
発毛剤は唯一発毛効果が見込める市販医薬品!続々発売される噂のジェネリックまとめ

 
これらの発毛剤は第一類医薬品のため、購入時には薬剤師のチェックが必要ですが、医師の処方箋がなくても入手できるので、比較的手を出しやすい対策方法です。

ただし少数ながらも副作用の報告がありますので、頭皮のかゆみやかぶれ、動悸などの異変を感じたら、すぐに使用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

  • なおミノキシジルの内服薬と比べると、外用薬(発毛剤)の効果は気休め程度と聞いているようにかなり落ちます。

    AGAの進行具合によって、適切な対策を取りましょう。

どれくらいAGAが進行しているのかは、なかなか自分だけでは分からないもの。
AGAだと思っていた薄毛も、もしかしたら円形脱毛症など別の症状かもしれません。

そこで、AGAクリニックの無料カウンセリングです。

薄毛の原因やAGAの進行具合はもちろん、頭皮チェックを受けたり、治療法や治療法を聞くことも今後の対策の参考になるはずです。

ちなみに僕は、銀クリのカウンセリングで「AGAの進行度は10段階で6~7」と言われました。

日頃の悩みや疑問も解決できるので、気楽な気持ちで無料カウンセリングを受けてみましょう。

  • ただ発毛剤と同じように、育毛剤も発毛効果が期待できると勘違いしないでください!

なぜなら、育毛剤には発毛効果が期待できるミノキシジルが配合されていないから。

育毛剤と発毛剤はまったくの別ものなので、(近藤だけに)混同しないように注意しましょう。

もちろん頭皮環境を整えることは、AGAを改善するうえで重要ですが、本気で薄毛に悩んでいる方は育毛剤の宣伝文句に騙されてはいけません。
いかにも髪の毛が生えそうな感じで魅力的かもしれないですけどね。

  • その点に関しては、コラムでも追及しているのでチェックしてくださいね。

AGAクリニックなど医療機関での治療

唯一発毛効果が期待できる成分のミノキシジルですが、AGAの原因を排除する作用はありません

しかもOTC医薬品である発毛剤は、ミノキシジルの配合率が5%までとなっているので、進行したAGAには心もとない量となっています。

※OTC医薬品:OVER THE COUNTER(オーバー・ザ・カウンター)の略で、薬局やドラッグストアなどで薬剤師や登録販売者から購入できる一般用医薬品のこと。
主に医師が処方する医療用医薬品とは違います。

そんな発毛剤で限界を感じ始めたら、いよいよ治療へと進むべきでしょう。

AGA治療は、AGAクリニックや一部の一般的な皮膚科外来で受けられます。

皮膚科外来ではかぎられた薬剤での治療となり、AGA治療を行っている病院も少ないので、通院しにくいのが現状です。

一部の悪徳クリニックにだまされないメリットはあるものの、自由診療が基本のAGA治療では、治療費もAGAクリニックとあまり変わらないか、場合によっては高くつくケースもあります。

その点AGAクリニックは、全国に多数あって通いやすく治療経験も豊富です。

治療薬の幅も広くリーズナブルなオリジナル薬を用意しているところもあるので、意外に安くAGAを改善できた!といった声も聞かれます。

  • 20代のまだ初期の薄毛であれば、進行をおさえるフィナステリド(※詳細)を服用するだけで事足りるケースも多く、治療費もビックリするほど安くおさえられます。

    とくにフィナステリド錠が安いふたつのクリニックグループを例にあげてみましょう。

クリニック名 治療薬名/1ヶ月あたりの費用
湘南美容クリニック 【HRタブレットF(フィナステリド)】
初回限定:1,800円
2回目以降:3,000円

【フィナステリド錠(SKI社/小林化工社)】
3,000円

AGAスキンクリニック 【フィナステリド錠(SKI社/FCI社)】
初回限定:3,400円+税
2回目以降:4,800円+税

【フィナステリド錠(ファイザー社)】
初回限定:3,400円+税
2回目以降:6,000円+税

※費用は湘南美容クリニックのみ税込表示です。
※HRタブレットは湘南美容クリニックのオリジナルタブレットです。
※その他の治療薬や施術内容に関しては、下記公式サイトも確認してください。
湘南美容クリニック公式サイト
AGAスキンクリニック公式サイト

 

  • AGA治療は高いイメージを覆すような処方代。
    とくに湘南美容クリニックは初回限定1,800円と、飲み会を1回ガマンすれば余裕で支払えそうな価格です。

むしろ発毛剤や育毛剤の方が高くつくかも。
これらで対策をする前に、まずはクリニックの無料カウンセリングを受けてみるのも賢い選択といえるかもしれません。

SBC湘南美容クリニック

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛) ・初期費用:無料(要血液検査:税込3,800円)
・1ヶ月あたりの料金:税込3,000円~(初回のみ1,800円~)とリーズナブル
・オリジナル治療薬「HRタブレット」なら全額返金制度の対象(※初回処方より半年間継続服用で効果が無い場合など条件あり)
全国65院展開(2019年8月現在)、AGA来院数約5万7千人の実績!(※2018年)


  • AGAが進行してくると、髪の毛を生やすことばかり考えがちですが、実はそれだけでは改善しないのです。

なぜなら、穴の開いた容器に水を注いでも溜まらないように、いくら髪の毛を生やしても、それ以上に抜け毛が増えたら薄毛がどんどん進行していくからです。

そこで重要になるのが、日本で唯一一般用医薬品として発毛効果が期待できるミノキシジルと、AGAの進行抑制効果があるフィナステリド(※詳細)デュタステリド(※詳細)の併用です。

例えば湘南美容クリニックであれば、ミノキシジルとフィナステリドの内服薬に、ビタミンなどのサプリが付いたオリジナル治療薬「HRタブレットセット」が、1ヶ月あたり税込9,800円からとリーズナブル。

さらに費用を抑えたい場合は、AGAクリニックでフィナステリドのみを処方してもらい、ミノキシジルはドラッグストアで購入できる発毛剤で補うのも一つの方法です。

ただ20代であれば、torisawaさんも言うように、フィナステリドだけでも十分なケースが考えられます。

まずはAGAクリニックの無料カウンセリングを受けて、自分に合った対策や治療法でAGAを改善しましょう。

  • 管理人の僕は、内服薬治療の効果を実感しています。

    通院中の銀クリも、ミノキシジルとフィナステリドの内服薬が税込7,020~18,900円(※処方内容によって変動)と、他のクリニックと比べてもそれほど高くありませんよ。

    将来が不安な方や本気で薄毛に悩んでいる方は、僕の治療経過や改善記録もぜひチェックしてみて下さい。


銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月の料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)
・近藤あきらが実際に通院して治療中です!
AGA治療2年間の薄毛改善記録


ハゲの原因はAGAだけじゃない?他の脱毛症の種類と対策について

成人男性の薄毛は、AGA(男性型脱毛症)(※詳細)によるものがほとんどですが、少数ではあるものの違う脱毛症の可能性もあります。

別の脱毛症が原因の場合、必死にAGA対策をしても意味がないばかりか、より悪化させてしまうケースも考えられます。

ですから、何か対策をするなどのアクションを起こす前に、念のため薄毛の原因を確認してみましょう。

とくに20代では、本当にAGAなのかをしっかり見極める必要があるので、まずは自分の薄毛タイプを把握することが肝心です。

では、どのような脱毛症があるのか、簡単にまとめてみました。

詳しく知りたい方は、こちらの解説記事をチェックしてください。
ハゲの種類は一つじゃない!それぞれの特徴や原因、タイプ別治療法とは

円形脱毛症

髪の毛が突然ゴッソリと抜けたら、円形脱毛症かも知れません。

アレルギー体質や円形脱毛症を経験した家族がいる場合は、発症しやすくなります。

放置しても大体のケースで大丈夫ですが、「快復が遅い」「範囲が広すぎる」「何度も繰り返す」場合は、医療機関で治療を受けましょう。

脂漏性脱毛症

抜け毛と同時に、「皮脂の過剰分泌」「頭皮のベタベタ感」「かゆみ」「かさぶた状のかたまり」「脂っぽいフケ」などの症状が現れたら、脂漏(しろう)性脱毛症の疑いがあります。

原因は常在菌であるマセラチア菌(カビの一種)と言われていて、自然治癒は難しいので早めに病院へ行きましょう。

粃糠性脱毛症

粃糠(ひこう)性脱毛症は、脂漏性脱毛症と同じマセラチア菌が原因とされてます。

脂漏性脱毛症のカサカサバージョンで、かゆみや赤み、乾いたフケが出ます。
長引くとやっかいなので、すぐに病院へいきましょう。

薬害性脱毛症

何か疾患があり薬による治療を受けている方は、薬害性脱毛症の可能性があります。

抗がん剤で毛が抜けるのは有名ですが、それほど顕著ではなくても、脱毛を引き起こす薬剤はたくさんあります。

最近になって多くの治療薬に、脱毛する副作用の報告例が増えてきているのです。
以下の薬剤に心当たりのある方は、かかりつけの医師に相談してみましょう。

【特に脱毛の副作用が報告されている薬剤】
抗腫瘍性抗生物質、免疫抑制剤、抗ウイルス剤、抗真菌剤、抗うつ剤、インターフェロン剤、ホルモン剤、不整脈治療剤、副腎皮質ホルモン(ステロイド)、抗てんかん剤、抗パーキンソン剤、高脂血症用剤、ビタミンA製剤

これらの脱毛症に対し、AGA(男性型脱毛症)(※詳細)の主な原因は、男性ホルモンの一種である「テストステロン」と、還元酵素「5αリダクターゼ」によって生成される、同じく男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。

前頭部の生え際か頭頂部から、またはその両方から始まることが多く、DHTがヘアサイクルの成長期を短縮させてしまうため、髪の毛が育ち切る前に抜けてしまい、抜け毛の毛根部もヒョロヒョロなのが特徴です。

以前、AGAは老人性脱毛症と混同され、生える力が衰えたのならあきらめるしかないといった扱いでした。

  • しかし近年になって研究が進み、治療によって改善できることが分かり、その治療方法もドンドン進化しています。

基本的な治療は、5αリダクターゼのはたらきを抑制するフィナステリド(※詳細)デュタステリド(※詳細)で進行をおさえ、成長因子の分泌を促して毛包を大きく育てるミノキシジル(※詳細)で発毛力をアップさせる二段構えが有効です。

ただ20代でまだ始まりたてのAGAの場合、進行抑制と発毛力のどちらかでも功を奏すことも多いのです。
いずれにしても早めの対策が大事ですから、AGAクリニックの無料カウンセリングを受けて、自分の薄毛の原因や適切な治療法を確認しましょう。

  • 僕が銀クリの無料カウンセリングを受けた際も、薄毛の原因がAGA以外の場合、AGA治療をしても効果が無いと聞いています。
    カウンセリングの段階で別の治療法や病院を勧めてもらえるそうなので、心配な方は一度受けてみてください。

    銀クリのカウンセリングの詳細は、こちらで詳しくレポートしています。
    無料カウンセリングの予約から当日の検査や診察の流れ

銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月の料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)
・近藤あきらが実際に通院して治療中です!
AGA治療2年間の薄毛改善記録


20代からでも早くない!?明るい未来のために早めのAGA対策を!

少し抜け毛が気になるくらいの段階であれば、クリニックでの治療はまだ想定外という方のほうが多いですよね。
しかし、クリニックでは予防の相談もできますし、早い段階からプロのアドバイスを聞いておくのは、今後のためにも決してムダではありません。

それに、日本初の頭髪(発毛)治療専門クリニックとして有名なヘアメディカルグループを束ねる、Dクリニック東京 メンズ(旧メンズヘルスクリニック東京)院長の小林一広ドクターによると、来院する20代のうち、5人に1人は単なる思い過ごしで治療の必要がない状態なのだそうです。
(※参照:20代は薄毛を気にしすぎ?メンズヘルスクリニック東京院長「5人に1人は治療必要なし」

自分の頭の状態はなかなか客観視するのが難しいですから、専門家の目で判断してもらう機会を持つことも大事なのですね。

  • 一人でクヨクヨしたり悩み続けるのであれば、一度無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょう?
    もしかしたら取り越し苦労かも知れませんし、万が一AGAでも、早めの治療で明るい未来が期待できますヨ!

ヘアメディカルグループ

・初回カウンセリング費用:無料
・初期費用:税別5,000、10,000円
・1ヶ月あたりの料金:11,000~32,000円(税別)
・主要4都市(東京、名古屋、大阪、福岡)のクリニック、専門医の連携による精神的なサポートで通いやすい



  • 僕は銀クリに通院中で、現在ミノキシジルとフィナステリドの内服薬で治療しています。

    本気で薄毛に悩んでいる方や今から将来が不安な方は、僕の治療経過や改善記録も参考にしてみて下さい。


銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月の料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)
・近藤あきらが実際に通院して治療中です!
AGA治療2年間の薄毛改善記録



関連記事

ライター情報

torisawa

torisawa

ダチョウ並みの頭髪と、ニワトリ並みの頭脳を持つ、薄毛歴10年の悩める35歳。 自らを実験台とし、よかれと思うものは手当たり次第試してきた経験を、皆さまと共有できたらなによりです。 ちょっぴりアレルギーが気になるので、育毛剤や発毛剤の成分には特にこだわりを持っています。 特技はポジティブシンキング。まだまだあきらめませんヨ!

  • facebook
  • twitter
  • google
  • hatena
  • line
ハゲネタNO.1決定戦 激毛!H-1グランプリ
  • AGA治療クリニック 突撃!取材レポート