近藤の銀クリ治療経過

  • 治療開始前
    (頭頂部)

    治療2年
    (頭頂部)

  • 治療開始前
    (後頭部)

    治療2年
    (後頭部)

銀座総合美容クリニックの治療体験談

イチョウ葉エキスの育毛効果と副作用が気になる!頭皮が若返るってホント!?

イチョウ葉
※本記事は2018年10月時点の情報をもとに作成、2019年6月に一部修正しています。

イチョウ葉エキスは、高齢者社会の救世主!?

最近ちまたで脚光を浴びている『イチョウ葉エキス』。

何でも年齢によるもの忘れの改善に効果があるとかで、次々にイチョウ葉エキス配合のサプリメントが発売されています。

  • 世界一の高齢社会といわれている日本では、確かにこれは切実な問題。

    サプリを飲むだけで少しでもよくなるなら、買ってみたくなるのも分かります。

イチョウ葉エキスが脳に良いとされるのは、その血液サラサラ効果やアンチエイジング効果によるもの。
つまり、血流を良くして細胞を若返らせてくれるからなのです。

  • えっ!?それなら薄毛にも効くのでは?と思いますよね。

    その通りです!
    イチョウ葉エキスは、育毛剤や育毛サプリでも大活躍しています。

【イチョウ葉エキスが配合されている主な育毛関連商品】

  • チャップアップローション
  • チャップアップサプリ
  • イクオスローション
  • イクオスサプリ
  • Growth Project ボストン サプリメント

有名どころがズラリ並び、イチョウ葉エキスは育毛界でも期待される成分なのです。

となると、もっと詳しく知りたくなるところ。

そこで、イチョウ葉エキスの効果や副作用など、気になるポイントをとことん追求していきます!

  • ちなみに管理人の僕は、銀クリでAGA治療中。
    ミノキシジル(※詳細)とフィナステリドの内服薬と月に1度のメソセラピーの施術を受けています。

    育毛剤やサプリなどの対策では効果が無く本気で薄毛で悩んでいる方は、僕の治療経過や改善記録もチェックしてみてください!


目次

イチョウが生きた化石?公園や街路樹でよく見る身近な存在の意外な事実とは

イチョウ並木

春には青々とした葉が芽吹き、秋になると黄色く染まるイチョウ並木。

その美しさから、映画やドラマの演出にもよく使われています。

イチョウは近所の公園や神社、街路樹などでもよく見かけるので、ごく身近な存在ではないでしょうか。

そんなありふれた木であるイチョウですが、進化論で名の知れたダーウィンからは「生きた化石」と呼ばれていました。

というのも、現存しているものは、何と約2億年以上前に生まれたイチョウの仲間の唯一の生き残りなのです。

イチョウは約1億5,000万年前のジュラ紀に繁茂し、恐竜とともに多くの植物が死滅した氷河期をも乗り越えた、人類よりもずっと大先輩。

その頃からほぼ同じ状態のまま現在に至るというのですから、まさに生きる化石で、これからイチョウをみる目が変わってきそうです。

イチョウの分類は、「裸子植物門イチョウ綱イチョウ目イチョウ科イチョウ属」。

  • イチョウイチョウイチョウ…。

    これだけイチョウが並んでいるのを見ると、いかに独特で孤高な存在なのかがうかがい知れますね。

学名は『Ginkgo biloba』、漢字にすると『銀杏』『公孫樹』『鴨脚樹』などのさまざまな字があてられます。

ちなみに公孫樹は、公(父)が種を撒くと孫の代になって実ができることからつけられたといわれています。

イチョウは中国が原産

世界中で化石が見られ日本でも見つかっていますが、現在生息するイチョウは、鎌倉時代または平安時代後半に日本へ渡ってきたなどと諸説あります。

氷河期すら生き延びたたくましいイチョウですが、実はレッドリストの「絶滅危惧Ⅱ類」に登録されているのです。
これは近い将来、野生での絶滅の危険性が高いカテゴライズ。

あんなに街中でも目にするのに絶滅とは少し意外な気もしますが、実は日本でも野生のものはほとんどありません。
公園や並木道のものなどは、人為的に植えられたものばかりです。

  • イチョウの花言葉は、「鎮魂」「長寿」「しとやか」。
    イチョウの来し方、そして行く末を思うと、何とも深い言葉たちではないでしょうか。

イチョウ葉エキスの主成分ギンコライドの効果や作用

イチョウは個性的な葉形や季節ごとに美しく変化する様子で、人々の目を楽しませ歌に詠みつがれ、ずっと昔から愛されてきました。

それだけでなく、人類の健康を支える実用的なパートナーとしても重宝されてきたのです。

秋に実るギンナン(銀杏)は古くから「咳を鎮める生薬」として使われ、葉のエキスは「しもやけ」に効きます。

また、黄色く色づいた葉に含まれる『シキミ酸』を虫が嫌うため防虫剤としても活用されていて、今でも秋になると、落ち葉を集めて紙に包みタンスに入れる人もいるくらいです。

さらに最近では、イチョウ葉エキスの主な成分である『ギンコライド』と、30種類以上ともいわれている『フラボノイド』の研究が進んでいます。

『ギンコライド』とは、イチョウ葉エキスだけにしか含まれない、精油成分を構成する化合物『テルペノイド』の一種。

『ギンコライド』には、植物色素群である『フラボノイド』と同様に強力な抗酸化作用があるのですが、特筆すべきなのは、血小板の凝集を抑制してドロドロ血を改善する効果です。
PAF(血小板活性化因子)のはたらきをおさえる作用があるのですね。

血液がサラサラになれば、血流もアップして冷え性も改善できます。
昔からしもやけ治療に使われてきたのも、こうした作用のおかげというわけです。

そしてこの『ギンコライド』の作用は脳の血流にもおよぶため、頭のはたらきをよくして認知症を予防・改善できるらしいと評判なのです。

日本では単なる栄養補助食品成分ではありますが、うつやめまい、肩こり、耳鳴り、動脈硬化などにも効果的とのことで、ドイツやフランス、イタリアなどのヨーロッパでは医薬品として扱われているほど

健康な成人28名にイチョウ葉エキス120mgに大豆由来のリン脂質を加えたものを摂取させ、1時間ごとに認知テストを行った。

プラセボグループより明らかに記憶の速度や質が向上したという結果が出た。

  • ワインの産地や製造年などの細かい知識を覚える必要があるソムリエが、イチョウ葉エキスを飲みながら暗記に励んでいる話も聞くので、頭の回転を高めるのに役立つのは確かなようです。

    即効性もあるので、もしかしたら試験や大事な会議、プレゼンの前などに飲むと、いつもより成果が上がるかもしれませんね。

しかし、認知障害や認知症の予防や改善になるかどうかについては、まだよく分かっていないのが現状。

短期的な効果は臨床試験で折り紙つきであっても、長期的な効果については、「成果があった」「ほとんど違いがなかった」といったさまざまな研究発表があります。
今後さらなる研究が待たれるところです。

イチョウ葉エキスが育毛に効くとされる根拠って何?

多くの育毛剤が、血行改善を謳っています。
毛母細胞が活発に細胞分裂をしてくれなければ、髪の毛は生えたり伸びたりできないことから、新鮮な血液の供給が育毛の必須条件としているためです。

イチョウ葉エキスには血流をアップさせる効果がありますから、その血液によって栄養や酸素を受け取る毛母細胞の元気を支えられます。

その上、すぐれた抗酸化作用によってエイジングケアもしてくれますので、細胞の劣化を防ぎ若々しい頭皮と髪の毛に導いてくれます。

  • イチョウ葉エキスに含まれるポリフェノールの中でも、特に『ケルセチン(クエルセチンとも)』と『ケンフェロール』が紫外線による酸化ダメージから皮膚を守ってくれたり、炎症をおさえたり、パワフルな働きをすることが分かっています。

またフラボノイド類の抗酸化作用は、やはり抗酸化力のある水溶性ビタミン群とは違って、尿としてすぐに排泄されてしまわずに長く身体にとどまってくれる特徴があるため、効果に持続性があるのも嬉しいポイント。

血液がドンドン供給されて細胞が若返り、頭皮環境が改善されたら髪の毛を生やす準備万端!健康な頭皮には健康な髪の毛が宿るわけです。

しかし、そもそも唯一発毛効果が認められている『ミノキシジル(※詳細)』は、確かに以前は血管拡張作用によって血流がアップし頭皮や毛母細胞に栄養が行き届きやすくなるからと言われていました。
しかし最近では成長因子の分泌を促すから発毛すると分かってきています

そのため、血流不足や頭皮の老化・荒れなどが原因の薄毛であれば、イチョウ葉エキスのみで改善できても、男性ホルモンの影響によって脱毛が進むAGA(男性型脱毛症)(※詳細)に対しては、ほとんど気休め的な効果しかないでしょう。

それに、イチョウ葉エキスにはAGAの主な原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の生成をおさえる作用もないわけですから、脱毛をストップさせることも発毛をうながすこともできません。

  • AGAにとって頭皮のメンテナンスも重要。
    なので、イチョウ葉エキスもAGA治療のサポート役として、上手に活用していけたらいいですね。

イチョウ葉エキスは、育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリメントに含まれていることからも分かるように、塗っても飲んでもOK。

ただし、外用のものは他の成分と合わせて使われているものが多く、イチョウ葉エキスのみの効果は分かりづらくなります。

  • その点サプリメントでは、育毛に特化したもの以外にもイチョウ葉エキスを主としたものが多く販売されています。

    もしイチョウ葉本来の効果を検証してみたいのであれば、このようなサプリメントを試してみるといいですね。

  • ただtorisawaさんも触れているように、イチョウ葉エキスでAGAに立ち向かうのは困難です。

イチョウ葉エキス配合の育毛剤や育毛サプリには、いかにも髪の毛の生えそうな宣伝文句の並ぶものもありますが、実際に発毛効果は期待できません。

なぜなら、日本で唯一一般用医薬品として発毛効果が認められているミノキシジル(※詳細)が配合されていないからです。

最近は、リアップやミノアップなどのミノキシジル5%配合発毛剤(外用薬)も増えてきたので、育毛剤を使うのであれば、せめて発毛剤を使うべきでしょう。

ただクリニックで処方される内服薬に比べると効果は気休め程度です。

また髪の毛を生やすことばかり考えていてはAGAは改善しません。

AGAの原因である男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン(DHT)」の抑制効果が期待できるフィナステリド(※詳細)デュタステリド(※詳細)の治療薬も併用する必要があります。

容器に水を大量に注ぎ込んでも穴が開いていたら溜まらないように、AGAの進行をストップすることも重要なんです。

  • 管理人の僕も、さまざまな育毛剤を試しましたがまったく効果はありませんでした。

    なので、AGA改善の近道は、クリニックで処方される内服薬の治療だと痛感しています。

    現在銀クリでは、ミノキシジルとフィナステリドの内服薬と月に一度のメソセラピーで治療中。

    本気で薄毛に悩む方は、育毛剤や育毛サプリを手に取る前に、僕の改善記録もチェックしてみてください!


銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初期費用:3,300円、(血液検査を受ける場合)8,800円(税込)
・1ヶ月の料金:約7,150~19,250円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,800円(税込)
・近藤あきらが実際に通院して治療中です!
AGA治療2年間の薄毛改善記録


国内でギンコール酸によるアレルギーなどイチョウ葉エキスのトラブルの相談が年々増加している理由とは

現在出回っているイチョウ葉エキスは品質もさまざま。

医薬品として使用されるヨーロッパと違い、日本ではまだ成分に問題があるものも売られているため、選び方に気をつけなければ身体に不調をきたすこともあるのです。

その問題となる原因は、イチョウの葉に含まれる『ギンコール酸』。

これがなかなかの悪さをする成分で、アレルギーを起こしたり濃度が高いと神経毒性を示したりすることもあるため取り除かないと危険なのですが、その工程が不十分でギンコール酸が多く残ってしまっている製品もあるのです。

ギンコール酸もギンコライドと同様にイチョウにしか存在しない成分で、葉以外にはギンナンの外種皮に含まれます。

  • ギンナンを拾って手がかぶれた経験はありませんか?
    あれは、ギンコール酸によるアレルギー反応なのです。

    そんな強烈なアレルゲンが体内に入ったら、ギンコール酸アレルギーを持っている人は大変なことになりますよ。

そんなわけでドイツなどの医療現場では、ギンコール酸は5ppm以下ならアレルギー症状が起こりにくいことから、その規格に合った製剤にコードネーム『EGb761』をつけて使われているのです。

日本では健康食品ということで、上記のようなしっかりとした規格がありません。

そのため、イチョウ葉エキスによって何らかのトラブルを起こしたといった相談が、国民生活センターに多く寄せられたいるのです。

【イチョウ葉エキスのトラブルの内容】

  • 湿疹が出た
  • 腹痛を起こした
  • 呼吸困難になった(アナフィラキシーショック)
  • 下痢になった
  • 吐き気をもよおした など

これらの相談は、近年急に増え年々増加傾向にあるとのこと。
ちょうどメディアで、イチョウ葉エキスによる認知障害や認知症の予防・改善効果が騒がれ出したタイミングと符号するようです。

おまけに、国民生活センターの調査によると、有効成分がほとんど含まれていないイチョウ葉エキス製品もあったとか。

今後の行政によるさらなる規制措置や業界による自主規制が整うのを待ちつつも、われわれ消費者のほうでも、品質を見極める目を養わなければなりません。

とくに、茶葉そのままのものや国内の業界の自主規格基準に沿っていないもの、ヨーロッパ以外の海外で製造されたカプセルタイプのものなどはその確率が高く、怪しそうだと感じた場合には、製造・販売元に問い合わせるなどしてから購入しましょう。

  • 国内でも『EGb761』に合わせた基準で製造し表記しているメーカーもあるので、『EGb761』と検索して探すのもアリですね。

インターネットで入手する場合には、レビューもしっかりチェックしてみましょう。

たとえ大手のものでも、アレルギーを起こした書き込みが時々見つかります。

数ある育毛サプリが、どれほどギンコール酸に気を配っているかは不明ですが、レビューをチェックすればある程度は参考になるでしょう。

  • まさかとは思いますが、自分で採取したイチョウ葉をお茶にしたり、エキスを抽出するのは絶対にやめましょうね。

その他の副作用も事前にチェック!生命に関わるケースもあり要注意

先述したギンコール酸によるアレルギー以外にも、イチョウ葉エキスには副作用がみられるケースがあります。

あまり心配いらない副作用もありますが、中には生命に関わるものもあるので、とくにイチョウ葉エキスに興味がある人は、知識として事前にチェックしましょう。

出血傾向が高まる

イチョウ葉エキスには血液の粘性をおさえる作用があるので、摂取しすぎるとサラサラになりすぎて、血が固まりにくくなってしまいます。

ただ体調に問題のない人であれば、飲みすぎさえ注意すれば問題ありません。

【イチョウ葉エキスの1日の摂取量】
120~240mgが望ましく、多くても600mgを上限にしておきましょう。

しかし、抗血液凝固剤や抗血小板薬などの血液に関する医薬品を服用している際には、作用が強まり血がとまらなくなるケースもあるので併用は避けましょう。

脳内出血を引き起こした例も報告されており、たとえ少量でも危険です。

  • どうしても飲みたい場合には、主治医に相談してみてからにしてくださいね。
    外科手術を受ける予定がある人も摂取は控えてください。

頭痛

イチョウ葉エキスは偏頭痛にも効果があると言われてますが、脳内の血流量の変化によって、逆に頭痛に悩まされるようになる場合もあります。

ただし服用を中止すれば、問題のないケースが多いようです。

胃腸障害

体質が合わず、胃痛や胃もたれ、下痢、便秘などの症状が現れるケースがあります。

アレルギー性の場合もあるので、異常がみられたらすぐに服用をやめましょう。

動悸

血流量が増えることによって、ドキドキと鼓動が速まるケースがあります。

心臓になんらかの疾患がある場合には、よく注意しましょう。

てんかん

てんかん体質の人では、発作を起こしやすくなるといった例が報告されています。

一度でもてんかん発作を起こした人や、脳波の乱れを指摘されたことがある人は、十分気をつけてください。

  • イチョウ葉エキスは、日本では医薬品ではなく栄養補助食品の扱いなのですが、その割には副作用が多めです。

    少しでも異変を感じたらすぐに服用をやめ、医師の診察を受けるようにしてくださいね。
    特にアレルギー症状には要注意です!

育毛止まりのイチョウ葉エキスを使う必要があるか今一度考えよう

太古の昔から地球に存在しているイチョウ。

目を楽しませてくれるだけでなく、新参者である人類の健康や育毛をさまざまな効能で手助けしてくれる大いなる存在です。

しかし、日本ではまだまだ成分や情報の整理ができているとはいえず、副作用も少なからずあることから、気をつけて使用しなければならない成分です。

研究もまだまだ不十分。
ギンコール酸には発がん性を疑う説もあり、国内でも『EGb761』並みの規制が待たれるところです。

  • そんなに気をつけてまでイチョウ葉エキスを使用しなければいけないもの?と、ふと疑問に思います。

頭の回転を良くしたいなどの理由があれば別ですが、髪の毛に関して言えば、あくまでもその効果は育毛止まり

ギンコール酸や副作用におびえながら使う必要があるのか、今一度考えてみても良さそうです。

リスクのある育毛よりも、副作用をコントロールしやすいAGAクリニックのほうが、効率的かつ安心して治療を受けられるのではないでしょうか。

  • 管理人の僕は、銀クリに通院中です。

    ミノキシジルとフィナステリドの内服薬と、月に一度のメソセラピーで治療をしています。

    これまでAGA治療薬の副作用はまったく出ていませんが、医師のサポートがすぐに受けられる状態なので、安心して治療が継続できてますよ。

    本気で薄毛に悩んでいる方は、ぜひ僕の治療経過や改善記録もチェックしてみてください!


銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初期費用:3,300円、(血液検査を受ける場合)8,800円(税込)
・1ヶ月の料金:約7,150~19,250円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,800円(税込)
・近藤あきらが実際に通院して治療中です!
AGA治療2年間の薄毛改善記録




関連記事

ライター情報

torisawa

torisawa

ダチョウ並みの頭髪と、ニワトリ並みの頭脳を持つ、薄毛歴10年の悩める35歳。 自らを実験台とし、よかれと思うものは手当たり次第試してきた経験を、皆さまと共有できたらなによりです。 ちょっぴりアレルギーが気になるので、育毛剤や発毛剤の成分には特にこだわりを持っています。 特技はポジティブシンキング。まだまだあきらめませんヨ!

  • facebook
  • twitter
  • google
  • hatena
  • line
ハゲネタNO.1決定戦 激毛!H-1グランプリ
  • AGA治療クリニック 突撃!取材レポート