近藤の銀クリ治療経過

  • 治療開始前
    (頭頂部)

    治療2年
    (頭頂部)

  • 治療開始前
    (後頭部)

    治療2年
    (後頭部)

銀座総合美容クリニックの治療体験談

フォリックスの効果や副作用、配合成分を徹底検証!ポラリスとの関係や違いって何?

null
※本記事は2019年1月末時点の情報をもとに作成しています。
※画像はあくまでイメージです。

日本国内で続々と売り出されているミノキシジル(※詳細)配合の発毛剤。

『リアップシリーズ』が健在なのはもちろんのこと、そのジェネリックである『スカルプD メディカルミノキ5』や『リグロEX5』ほか、『ミノアップ(mino UP)』など、さまざまな発毛剤がひしめき合っています。

新製品を追いかけるのに苦労するほどの発売ラッシュが続いていて、どれを選んでいいのか迷ってしまうところ。

しかし、パワフルな発毛力で知られるミノキシジルも、国内のOTC医薬品では配合率5%が上限となっており、外用薬ではあまり効果が現れず気休め程度。

そのため、海外の濃度が高い発毛剤に目を向ける人が増えているのです。

中でもいま一番注目されているのが、2017年秋にデビューしたアメリカ発の『フォリックス』シリーズ。

まだ発売から2年も経っていないのに、取り扱っているサイトではミノキシジル系ですでにトップの売り上げを誇っています。

元祖のロゲイン(※詳細)よりも売れているのですから、すさまじい勢い。

  • そんなにもスゴイのなら、どんなものか知りたくなるのが薄毛人のサガ。

    というわけで、今回はフォリックスシリーズにグイグイ迫ってみたいと思います!

  • torisawaさんも触れていますが、発毛剤(外用薬)の効果は気休め程度。

    管理人の僕は、実際に銀クリでの治療で、ミノキシジルとフィナステリドの内服薬治療がAGA改善の近道だと実感しています。

    本気で薄毛に悩んでいる方は、国内外の発毛剤を手にする前に、僕の改善記録もチェックしてみてください。


目次

フォリックスが発売直後から売り上げを伸ばした理由と製造販売中止のポラリスとの関係

フォリックス』が発売される少し前のことですが、とある発毛剤の製造・販売が中止されました。

その名も『ポラリス』。

幅広く用意されたミノキシジル濃度や、バラエティに富んだ配合成分で人気を集めていたシリーズでした。

そのポラリスシリーズ(※詳細)が突然姿を消したことから、愛用していた人々は戸惑いと失望に包まれ、一部ではちょっとしたパニック状態になったとか。

かなり独特なラインナップだったこともあり、「ではほかの発毛剤に…」といったように、簡単には移行できなかったわけです。

しかししばらくすると、そのポラリスにそっくりな発毛剤が現れます。

それが、何を隠そう『フォリックス』シリーズです。

この両者は製品特徴に共通点が多く、取り扱っている業者のサイトでもポラリスの類似商品として紹介し、いまだに残っているポラリスの販売ページからリンクを張って誘導しているのです。

  • ですから、ポラリス愛用者がフォリックスに流れるのは当然のこと。

    「とりあえず使ってみよう」という元ポラリス愛好家が続出し、発売直後からグングン売れ出したのです。

ところで、よく「フォリックスシリーズはポラリスシリーズの後継品」といわれています。

両シリーズにはそれぞれ相当するアイテムがありますし、同じ会社がただ名前を変えてリニューアルしたような印象。

しかし、両シリーズは異なった会社が手がけている製品群なのです。

【ポラリスシリーズ】

製造・販売:ポラリスリサーチラボラトリーズ(Polaris Research Laboratories)

ポラリスのために設立された会社で、ポラリスの販売中止とともに消滅。

その理由についてはいろいろとキナ臭いウワサがささやかれていますが、今のところ確かなことは分かっていません。

ポラリスシリーズの詳細記事はこちら
ポラリスシリーズは高濃度のミノキシジルで効果も凄かった!?惜しまれつつ消えた発毛剤を徹底調査

【フォリックスシリーズ】

製造・販売:サファイアヘルスケア社(Sapphire Healthcare LLC) 2017年8月設立

このように、まったく別会社だとということが分かります。

ただ、このサファイアヘルスケア社の設立時期はポラリス社が消えた直後。

しかも、その住所はポラリス社のかつての研究所と同じ場所なのです。

  • となると、どう考えても関連性がありそうですが、この点についてはコメントが出ていないため、何とも言えない状況です。

ちなみに「Sapphire Healthcare LLC」の「LLC」とは「Limited Liability Company」の略で、アメリカの州法に基づいた「有限責任会社」とか「合同会社」などと訳される会社形態のこと。

複数の出資者が会社の構成員となり、有限責任において合同で経営していく形となっているLLCですから、ポラリスリサーチラボラトリーズのOBやその親会社であるDivine Skin Inc.の関係者が参加していても、なんら不思議ではありません。

そんなサファイアヘルスケア社ですが、当初はポラリス社と同様、フォリックスシリーズを売り出すために立ち上げられたようです。

しかし現在は、多様なヘルスケア製品を製造・販売しています。

  • ミノキシジル&デュタステリド配合ローションの『ドクターゼロ』シリーズ
  • ミノキシジルとデュタステリド、またはフィナステリドが配合されているローションの『リグロースラボ』シリーズ
  • それぞれのブランドのシャンプーやコンディショナー、スタイリングジェル
  • 各種サプリメント類 など

フォリックスシリーズの値段や特徴、配合成分の効果を徹底検証!

フォリックスシリーズには、『Liposphereテクノロジー』の技術が使われてます。

有効成分をカプセル化して吸収率を増大させる技術で、頭皮の奥まで浸透しやすくなるとともに、じっくり浸み込んでいくため効果が持続するメリットがあります。

そのためアルコールやプロピレングリコールといった添加物の使用量を減らせて、かゆみや炎症などの副作用が起こりにくくなるのです。

  • ミノキシジル製品に起こりがちなこれらの症状が抑えられるのは嬉しい点ですね。

では次に、フォリックスシリーズのそれぞれのアイテムの値段や成分をチェックしてみましょう。

フォリックスFR02

・男女兼用で使えるミノキシジル2%タイプ
・60ml入り

値段:約3,800円($33.60) 
※値段は時価。円換算は為替によっても変動します。

【全成分】

プロパンジオール、エタノール(SDA 40B-190溶媒)、乳酸、ミノキシジル、アジピン酸ジイソプロピル、ジブチルヒドロキシトルエン、ピロ亜硫酸Na、アデノシンBGPPG-26ブテス-26PEG-40水添ヒマシ油アピゲニンオレアノール酸ビオチノイルトリペプチド-1、メントールクリスタル、セイヨウハッカ油、アゼライン酸、加水分解コムギタンパク、プロシアニジンB2、ビオチン、リン脂質、エスシン、シトステロール、葉酸、シアノコバラミン、ナイアシンアミド、パントテン酸、ピリドキシン、リボフラビン、チアミン/酵母ポリペプチド

特筆すべき成分を赤字で表示しています。
その効果や特徴は以下のとおりです。

『アデノシン』
血行を促進し、発毛促進因子『FGF-7』の分泌をうながすことで、ヘアサイクルを整える効果が期待できます。

『プロシアニジンB2』
プロシアニジンB2は、『りんごポリフェノール』の一種で、抗酸化作用や血行促進作用によって太く濃い髪の毛を育てます。

『プロキャピル』
プロキャピルは、フランスのコスメメーカーが開発した新成分で、BG、水、PPG-26ブテス-26、PEG-40水添ヒマシ油、アピゲニン、オレアノール酸、ビオチノイルトリペプチド-1で構成されています。

ジヒドロテストステロン(DHT)の生成をおさえるとともに、血流をアップさせるということで注目されています。

『葉酸』
ビタミンB群のひとつでビタミン9とも呼ばれる葉酸には、血液を増やして毛包細胞にはたらきかける作用があります。

フォリックスFR05

・ミノキシジル5%タイプ(国内の発毛剤と同じ濃度)
・ミノキシジル濃度を除くと、配合成分はフォリックスFR02と同じ。
・60ml入り
・リアップでかゆみを感じた人が、Liposphereテクノロジーに期待し使用する例も

値段:約4,100円($36.50) 
※値段は時価。円換算は為替によっても変動します。

フォリックスFR07

・ミノキシジル7%タイプ
・60ml入り

値段:約4,500円($40.10) 
※値段は時価。円換算は為替によっても変動します。

配合成分はFR02やFR05とほぼ同じですが、以下の成分がプラスされています。

・ビタミンB12のシアノコバラミン
・皮膚内でビタミンEに変化する酢酸トコフェロール
添加物:アゼロイルジグリシンK、フェノキシエタノール、ピロ亜硫酸Na、リシン

リシンの配合量は不明ですが、猛毒に指定されている成分なので注意が必要です。

フォリックスFR10

・ミノキシジル10%タイプ(AGAクリニックのドクターも処方をためらう濃度)
・60ml入り

値段:約4,900円($43.80)
※値段は時価。円換算は為替によっても変動します。

FR07の配合成分のほかに、以下の成分がプラスされています。

・ACレチノール:毛乳頭細胞や角化細胞の活性作用
・ビマトプロスト:まつげの伸長・増加効果
・トリペプチド-1銅:頭皮に弾力を与え髪の毛の成長に効果

添加物:アジピン酸ジイソプロピル、BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)、ポリソルベート80

フォリックスFR12

・ミノキシジル12%タイプ
・フィナステリドが配合
・60ml入り

値段:約5,200円($46.40)
※値段は時価。円換算は為替によっても変動します。

フィナステリドの濃度は明らかになっていませんが、ポラリスNR-11(ミノキシジル12%タイプ)は0.1%なので、おそらくその程度だと予想されます。

FR12には、以下の有効成分が配合されています。

『カプリリルグリコール』
抗菌性があり、頭皮を柔軟に整えてくれる作用があります。

『パンテニルエチル』
細胞分裂を活発化させ、髪の毛の生成や成長をバックアップしてくれます。

『イノシトール』
ビタミンB様物質のイノシトールは、肝臓のはたらきを正常にし、アミノ酸の消費をおさえて髪の毛の生成に役立てることができます。

『クエン酸』
血行促進作用、抗酸化作用にすぐれています。

『アルファトラジオール(パントスチン)』
5αリダクターゼを阻害する作用があり、AGA治療にもよく利用されます。

『ミリストイルペンタペプチド-17』
まつげの伸長・増加効果があるため、育毛も期待できます。

フォリックスFR15

・ミノキシジル15%タイプ
・フィナステリドは配合されていない
・成分はフィナステリド以外FR12とほぼ同じ
・60ml入り
・ローションタイプではミノキシジルが最高濃度のため1番人気

値段:約5,000円($44.30)
※値段は時価。円換算は為替によっても変動します。

フォリックスFR16(クリームタイプ)

・シリーズ唯一のクリームタイプ
・ミノキシジル16%タイプ
・フィナステリド配合
・60ml入り

値段:約5,200円($46.50)
※値段は時価。円換算は為替によっても変動します。

こちらもフィナステリドの濃度は明らかになっていませんが、ポラリスNR-11と同じく0.1%程度だと予想。

ミノキシジル16%とシリーズ随一の最強仕様ですが、クリームでベトつくためFR15ほど売れてはいません。

ただ「これじゃないとダメ!」といったコアなファンがついており2番人気となっています。

他のアイテムと比べてかなり異色なため、全成分を紹介します。

【全成分】

純水、プロパンジオール、ミノキシジル、ベヘントリモニウムメトサルフェート、セタノール、香料、フェノキシエタノール、ホホバ油、エミュー油、加水分解コラーゲン、スペアミント油、アゼライン酸、アデノシン、BG、水、PPG-26ブテス-26、PEG-40水添ヒマシ油、アピゲニン、オレアノール酸、ビオチノイルトリペプチド-1、プロパンジオール、レシチン、リン脂質、フィナステリド、グリセリン、ジ酢酸ジペプチドジアミノブチロイルベンジルアミド、トリペプチド-1銅、アロエベラ液汁、サフラワー油、水溶性コラーゲン、加水分解野菜タンパク、パンテノール、オタネニンジンエキス、ニンジン種子油、オリーブ油、水添野菜油

クリーム状のため、ホホバ油、エミュー油、サフラワー油、ニンジン種子油、オリーブ油、水添野菜油といった油ものが多く含まれていて、それをほかの成分と混ぜ合わせるために、ベヘントリモニウムメトサルフェートなどの界面活性剤が多めに配合されているのが特徴です。

  • 水溶性コラーゲンやアロエベラ液汁などの頭皮を整える成分も豊富なので、乾燥しやすい人には良さそうですね。

シャンプー2種とコンディショナー

【FR-S1シャンプー】

濃度は不明ですが、ミノキシジルとフィナステリドが配合されたシャンプー(250ml入り)です。

値段:約2,600円($23.20)
※値段は時価。円換算は為替によっても変動します。

【FR-S1シャンプー】

医薬成分フリーで、キャピキシル(※詳細)などの有効成分が入った男女兼用タイプのシャンプー(250ml入り)です。

値段:約2,500円($22.00)
※値段は時価。円換算は為替によっても変動します。

【FR-C1コンディショナー】

FR-S1シャンプー同様、ミノキシジルやフィナステリドは配合されていません。

オタネニンジンエキスやアルギニンなどの発毛促進物質ブレンドで、髪質を改善させるコンディショナー(250ml入り)です。

値段:約2,300円($20.50)
※値段は時価。円換算は為替によっても変動します。

  • このほかにも、女性用の育毛サプリ『ルグゼバイブ(LUXEVIVE)』が同シリーズに名を連ねています。

  • 確かに全体的に安いですが、発毛剤(ミノキシジルの外用薬)の効果は気休め程度。

    それに、AGA治療は髪の毛を生やすだけでなく、同時に進行を抑制することが重要です。

    管理人である僕は、少し値段は高くなってもAGAクリニックでの内服薬による治療がAGA(男性型脱毛症)(※詳細)改善の近道だと実感しています。

    本格的に薄毛に悩んでいる方は、こちらの改善記録も見てみてください。


フォリックスシリーズの入手方法とは?

フォリックスシリーズは種類が豊富で、しかも濃いミノキシジルや有効成分がたっぷり入っています。

人気もあるといった話を聞くと、使ってみたくなるところ。

しかし、フォリックスシリーズは日本国内では認可されておらず、正規ルートでは入手することができません

ではどのような入手方法があるのでしょうか?

サファイアヘルスケア社のフォリックス公式サイトによると、「アメリカ合衆国外の注文に関するお問い合わせは、医療専門家または地域代理店にお問い合わせください」とあります。

つまり、個人としてサファイアヘルスケア社から直接購入することはできません。

医療専門家はどうでしょうか?

現在のところ、まだ日本のクリニックでフォリックスシリーズを処方してくれるところは無いようです。

  • 「この製品はアメリカ合衆国での販売はできません」ともあるので、アメリカで購入してくるのも難しそうです。

となると、個人輸入代行業者を通して購入することしかないようです。

しかし、個人輸入はトラブルが多発しているだけでなく、万が一健康被害が出ても自己責任となるため、リスクが高くオススメできる方法ではありません

  • 今のところ個人輸入でしか入手できませんが、サプリメントのルグゼバイブなら、例外として楽天市場やアマゾンで購入することが可能です。

    ただ女性用ですけどね…。

  • torisawaさんも言うように、個人輸入はリスクが高くオススメできません。

    例えば湘南美容クリニックでは、オリジナル治療薬「HRタブレット」とミノキシジル(6.5%)とフィナステリド(1mg)配合のヘアスプレーのセットが1ヶ月あたり19,800円(12ヶ月払いだと16,500円に!)。

    多少値段が高くなっても、クリニックでの治療はすぐに医師のサポートが受けられるため安心度が違いますよ。

SBC湘南美容クリニック

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛) ・初期費用:無料(要血液検査:税込3,800円)
・1ヶ月あたりの料金:税込3,000円~(初回のみ1,800円~)とリーズナブル
・オリジナル治療薬「HRタブレット」なら全額返金制度の対象(※初回処方より半年間継続服用で効果が無い場合など条件あり)
全国64院展開(2019年6月現在)、AGA来院数約5万7千人の実績!(※2018年)



ここが違う!フォリックスとポラリスの相違点

先述したように、フォリックスシリーズはポラリスシリーズと多くの共通点がありますが、異なる点もいくつかあります。

そこで、具体的には何が違うのか挙げていきましょう。

配合成分の違い

主成分はほぼ同じですが、細かいところに相違点があります。

代表的な違いはプロパンジオールとプロピレングリコール

ポラリスにはプロピレングリコールが使われていましたが、フォリックスではプロパンジオールに変わっています。

これらは同じ種類の原子で構成されていて、双方とも保湿剤や防腐剤として使われる化学物質なのですが、構造が少し違っていて、プロピレングリコールのほうがトラブルを起こしやすい性質を持っています。

濃度がわかりやすいネーミング

ポラリスシリーズは、発売される順番にNR-07、NR-08…と名づけられいて、ミノキシジル濃度とは関係のない数字が製品名に入っていましたが、フォリックスシリーズは製品名の数字がそのまま濃度を表しているので分かりやすくなっています。

シリーズのネーミングが攻めている

ポラリスとは、地球から見て不動の星の「北極星」で、スピリチュアルの世界では「天」を象徴する唯一無二の存在です。

今となってはポラリス社がどのような意図で命名したのかは不明ですが、不動の星ということで、絶対的や究極的な意味も込められているのではないでしょうか。

かたやフォリックスの「Follics」は、毛包を意味する「follicle」からとられたと考えられます。

効果を抽象的に匂わせているポラリスよりも、かなり直球といった感じがします。

塗ると白く残る

ポラリスでも白く残るようですが、フォリックスシリーズの方がひどいようです。

塗って渇かしてからでも、髪の毛を濡らすと白い水が出てくる事象もあるそう。

急な雨に降られたら、結構ヤバいことになりそうです。

効果が落ちた!?

フォリックスシリーズを使っている人の感想をみてみると、「ポラリスから移行して抜け毛が増えた」といった声がチラホラと見受けられます。

これは実際に効果が薄れているのか、それともその人のAGAの進行によるものなのか定かではありませんが、気になるところです。

 
他にも困った共通点として、テクスチャーや香り、色などがロットによってまちまちだという点。

ポラリスでもそのようなエピソードがよく語られてきましたが、フォリックスシリーズでも「クリームタイプのFR16が透明で水っぽくなった!」「FR07が黄色になった!」など聞かれます。

  • この点は改善できないのか、それとも改善していくからこんなことになるのか?
    もしかすると、偽物の可能性もあるかも知れないですね。

ミノキシジル濃度10%以上って大丈夫?国内でフィナステリドの外用薬が販売されていない理由って何?

ミノキシジル濃度が上がれば、それだけ効果もアップすると思いがちです。

確かに日本の薬局で買える発毛剤のミノキシジル濃度の上限は5%で、クリニックで処方されるローションにはそれより濃いものもあり効果が現れやすいです。

とはいえ10%以上ともなると、副作用が出る確率も上がって日本人の頭皮には刺激が強すぎるといった話も。

そのため、AGAクリニックのドクターも、ミノキシジルの濃度には注意を払っているようです。

また、どうして日本にはフィナステリド外用薬がないのでしょうか?

フィナステリド(※詳細)はミノキシジルよりも皮膚から吸収しやすい性質を持っているので、ミノキシジルの外用薬があるなら塗るタイプのフィナステリドがあってもいいはず。

ただ実はこの経皮吸収しやすい性質が、日本で塗りタイプのフィナステリドが売られていない最大の理由なのです。

フィナステリドには、Ⅱ型の5αリダクターゼを阻害してジヒドロテストステロン(DHT)の生成をおさえる作用があります。

AGA(男性型脱毛症)(※詳細)の主な原因で男性ホルモンの一種であるDHTは、薄毛に悩む成人男性にとっては憎き存在でありますが、胎児の男性器の発達に重要な意味を持つホルモンでもあるのです。

ですから、もし妊娠の可能性がある女性がフィナステリドに触れて吸収されてしまえば、その胎児の発育に支障が出てしまうケースもあります。

また、成長期の男児にも何らかの影響が出る可能性もあり、女性や未成年には絶対に触れさせないようにしなければなりません

フィナステリドが配合されている服用薬の場合、コーティングがしっかりと施されていますが、外用薬となると直接触れてしまうリスクが高まります。

たとえ女性や子どもが触れないところに保管していたとしても、頭に塗っていればその髪の毛に触れたり、また塗れた髪の毛から滴った水が掛かったりしただけでも、吸収してしまうおそれがあるのです。

そういったことから、日本ではフィナステリドの外用薬の販売が認められていないというわけなのです。

規制は私たちのため!安全第一のAGA治療を!

「もうちょっと日本の規制がゆるければ、国内でももっとリーズナブルで効果が期待できるAGA治療薬をゲットできるのに!」なんて思うことがあるかもしれません。

しかし、厳しい規制にはちゃんとした理由があるわけです。

もし副作用の危険性があるAGA治療薬を自由に使えるようになれば、大変なことになるのは目に見えています。

厚生労働省の慎重さにはイラッとくるケースもあるかもしれませんが、国民の健康を守るためにいろいろと考えて厳しくしてくれているのです。

AGA治療薬をできるだけ安全かつ効果的に使用したいなら、やっぱり専門家であるドクターのアドバイスが役立ちます。

ハイリスクの個人輸入よりも、ローリスクなAGAクリニックでAGA改善を目指しましょう!

  • 自分は個人輸入には手を出しませんよ。
    健康第一なのでね。

    安全なレベルの治療薬をクリニックで処方してもらうのが最善かと思います。

  • 管理人の僕は、銀クリでAGA治療中です。

    これまでAGA治療薬の副作用はまったく出ていませんが、すぐに医師のサポートが受けられる状態のため、安心して治療が継続できてます。

    torisawaさんも言うように、個人輸入はリスクが高すぎてオススメできません。

    もし健康被害が出たとしても自己責任になりますから、後悔する前に絶対にやめましょう。

銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初期費用:3,240円、(血液検査を受ける場合)8,640円(税込)
・1ヶ月の料金:約7,020~18,900円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,440円(税込)
・近藤あきらが実際に通院して治療中です!
AGA治療2年間の薄毛改善記録





関連記事

ライター情報

torisawa

torisawa

ダチョウ並みの頭髪と、ニワトリ並みの頭脳を持つ、薄毛歴10年の悩める35歳。 自らを実験台とし、よかれと思うものは手当たり次第試してきた経験を、皆さまと共有できたらなによりです。 ちょっぴりアレルギーが気になるので、育毛剤や発毛剤の成分には特にこだわりを持っています。 特技はポジティブシンキング。まだまだあきらめませんヨ!

  • facebook
  • twitter
  • google
  • hatena
  • line
ハゲネタNO.1決定戦 激毛!H-1グランプリ
  • AGA治療クリニック 突撃!取材レポート