近藤の銀クリ治療経過

  • 治療開始前
    (頭頂部)

    治療2年
    (頭頂部)

  • 治療開始前
    (後頭部)

    治療2年
    (後頭部)

銀座総合美容クリニックの治療体験談

自毛植毛のメリットやデメリット・手術法の違いを徹底解説!どのような方に向く治療法なの?

null
※本記事は2018年11月に作成したものです。

自分の毛を使って植毛する「自毛植毛」を細かく分類すると、主に2つの方法が存在します。

この記事では現在主流となっている「FUT」と「FUE」という自毛植毛法のメリット・デメリットを包み隠さず解説しましょう。

どちらか片方が圧倒的に優れている自毛植毛法というわけではなく、「FUT」「FUE」は一長一短です。

自分にとってどちらが最適な自毛植毛なのか、この記事を読み終わる頃にはハッキリしているのではないでしょうか。

とくに植毛に興味のある方は、ぜひ最後まで読んでみてください!

  • 最後まで通院するか迷ったAGAクリニックの中で、植毛の施術を行っているクリニックはこちらです!

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

クリニック名 施術可能院 主な料金(目安) 公式ページ
AGAスキンクリニック ・AGAスキンクリニック 新宿東口レディース院 スマートグラフト自毛植毛
基本料金300,000円(税別)
100グラフト(8.5㎠):100,000円(税別)

公式ページ

SBC 湘南美容クリニック ・湘南AGAクリニック新宿本院
・名古屋栄院 AGA専門外来
・湘南AGAクリニック大阪院
・湘南AGAクリニック仙台院
・AGA福岡院
自毛植毛 ARTAS植毛
500グラフト:490,000円(税込)

公式ページ

※AGAスキンクリニックでは、遠方の方への交通費補助制度(最大2万円)あり。
※湘南美容クリニックでは、『自毛植毛 シークレットシェーブン植毛』のほか、AGA福岡院のみの『自毛植毛 ドナーストリップ法』『自毛植毛 ノンシェーブン植毛』などがあります。

詳しくは公式ページにてご確認ください。

目次

そもそも自毛植毛ってどんな薄毛治療法?

自毛植毛とは、その名の通り自分の毛を使った植毛です。

人工毛を使った植毛と区別するために自毛植毛と呼ばれています。

自毛植毛:自分の毛を使った植毛
人工毛植毛:人工的に作られた毛を使った植毛

それでは簡単に自毛植毛のメカニズムについて確認します。

自毛植毛では主に後頭部の毛が使われる

男性の髪の毛は全体的に均一に薄くなるのではなく、主に生え際とつむじ部分が薄くなります。

なぜなら男性の薄毛を引き起こす男性ホルモンは、前髪の生え際とつむじに対してよく反応して脱毛させるからです。

逆に後頭部や側頭部の髪の毛は薄毛を引き起こす男性ホルモンに対して強いために、かなり薄毛が進行した人でもたっぷりと残っている傾向にあります

自毛植毛では、この残っている後頭部や側頭部の毛を「ドナー」として、前髪やつむじの薄い部分に移植する手術法です。

自毛植毛とは⇒後頭部のたっぷり残っている髪の毛を、前髪やつむじの薄い部分に移し替えること

ドナーは頭皮の細胞ごと必要、メスやパンチマシンで切り取る

後頭部や側頭部のドナーと呼ばれる髪の毛はメスやパンチマシンなどで切り取ります。

ドナーは髪の毛だけでなく髪の毛を生やすための頭皮の細胞ごと必要なので、頭皮にメスなどを入れて皮膚ごと切り取らなくてはいけません。

もちろん自毛植毛時には麻酔をするので痛みは感じませんが、人によっては恐怖感を覚える場合もあるでしょう。

毛包(グラフト)単位で移植する

自毛植毛では髪の毛だけを移植するのではなく、毛包と呼ばれる細胞ごと移植します。

この毛包が髪の毛を作り出してくれるのです。

1つの毛包から生える本数は1~4本とまちまちですが、アジア人は平均して2本程度生えています。

ですので、500グラフト(毛包)だと1,000本程度の髪の毛を植毛できることになります。

自毛植毛にはFUT法とFUE法の2種類のドナー採取法がある

メスとパンチマシン、どちらでドナーを採るかによって、自毛植毛のメリット・デメリットは大きく異なります。

そのため自毛植毛では、それぞれのドナー採取法に「FUT」と「FUE」という名前をつけて区別しています。

【自毛植毛におけるFUTのFUEの違い】

FUT:メスを入れて一気にドナーを採取する(FUSS法、ストリップ法とも)

FUE:パンチマシンで1本ずつドナーを採取する

自毛植毛クリニックは「ARTAS」や「i-direct」など、オリジナルの名前で植毛メニューを提供していますが、いずれもFUTとFUEのどちらかの植毛術に該当します。

  • とくにFUEでは多くの植毛クリニックがオリジナル名をつける傾向にありますね。

  • アイランドタワークリニック「i-Direct」
  • 湘南美容クリニック「アルタス(ARTAS)」
  • 親和クリニック「MIRAI法」

  • これらは全部FUEですが、それぞれ「機械がドナーを採取する」「ドナー採取の面積が小さい」などの特色を加えています。

    FUTとFUEのどちらが適しているのか自分でも判断できるように、それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握しておきましょう。

湘南美容クリニックの自毛植毛に関する詳細記事はこちら

湘南美容クリニックの豊富な自毛植毛法を徹底解説!費用目安や交通費補助について

FUT法って何?手順や自毛植毛の第一選択肢となっている理由とは

FUTとは正式名称を「フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション」と呼び、現在もっとも一般的に行われている自毛植毛術となっています。

FUSS法やストリップ法と呼ぶクリニックも一部存在しますが、ほぼFUTの名称に統一されつつあります。

【FUTの手順】

  1. メスで後頭部の頭皮を縦1cm横15cm~25cm程度に切り取る
  2. 切り取った頭皮を毛包(グラフト)単位に細かくする
  3. 前髪やつむじなど薄い部分に1グラフトずつ植毛する

FUTのメスで切り取る面積は、どの程度植毛するかにもよりますが、目安として成人男性の中指を長くした程度だと考えてください。

植毛本数が多くなれば採取しなければいけないドナーも増えますので、その分面積も広くなります。

  • 基本的にはこのFUTが自毛植毛の第一選択肢となります。

    なぜなら植毛した髪の毛がどれだけ定着して生えてくるかを表す「定着率(詳しくは後述します)」がFUTの方が高く、無駄のない植毛術となっているからです。

    植毛費用もFUEよりも安く済みます

FUE法とは?切らない植毛と宣伝されても外科手術には変わりなし

FUEとは正式名称を「フォリキュラー・ユニット・エクストラクション」と呼ぶ植毛術です。

メスで大量に毛を切り取るFUTとは違い、FUEではパンチマシンと呼ばれる機械で頭皮を「くり抜いて」いきます

「メスを入れない植毛」や「切らない植毛」と植毛クリニックに宣伝されることがありますが、パンチマシンで頭皮をくり抜くのには変わりなく、立派な外科手術です。

もちろん麻酔をしなければ痛みのあまり植毛はできないでしょう。

【FUEの手順】

  1. パンチマシンで少量の毛をくり抜く(1回あたり米粒ほどの面積:0.5~1mm)
  2. 植毛に必要なグラフトが確保できるまで1を繰り返す
  3. くり抜いた部位を前髪やつむじなどに植毛する

  • FUEは日本であまり行われてこなかった自毛植毛術ですが、現在では多くの植毛クリニックが扱うようになりました。

    費用はFUTと比べると少し高めです。

FUT法とFUE法はどちらが優れている?

FUTとFUEはどちらも優れた手術法。
なので、優劣をつけることはできません

FUTとFUEには「定着率」「キズ」「手術に適した薄毛のタイプ」が異なります。

そのため、人により向き不向きがあるからです。

【例】
坊主やベリーショートのような短い髪型⇒FUEの方が適している

大量に植毛しなければいけない⇒FUTの方が向いている など

どちらの方法で自毛植毛するかは、実際に植毛クリニックでのカウンセリングで決まりますが、自分でもだいたいの目測がつけられるようになっておくに越したことはありません。

そこで、次の章ではFUTとFUEをさまざまな角度から比較してみましょう。

FUT法とFUE法の定着率や術後のキズなど徹底比較!

定着率が高いのはFUT法!その理由はドナー採取方法の違い

定着率(別名:生着率)は自毛植毛において非常に重要な概念なので、しっかりと抑えておきましょう。

【定着率(生着率)について】

例えば100本の後頭部の毛を前髪に植毛したとします。

ただ残念なことに、この100本の毛はすべて植毛に成功するわけではありません。

なぜなら、さまざまな理由により皮膚に定着せず髪の毛が生えてこないケースがあるからです。

100本移植して80本が定着し髪の毛が生えた場合の定着率は80%。

定着率が低ければ、せっかく移植した髪の毛が無駄になり、植毛効果は薄れてしまうわけですから、高ければ高いほど良いということになります。

【FUTとFUEの定着率の比較】

FUT:90%前後
FUE:70~80%前後

※あくまで理論値で、FUT・FUEのどちらも経験の浅い植毛医ではさらに下がります。

FUTとFUEを定着率で比較するとFUTの方が良好です。

定着率はあくまで目安ですが、FUTの方が10~20%程度は高くなります

なぜFUTは定着率が高いのでしょうか?

その理由はドナー採取方法の違いにあります。

ドナーとなる髪の毛を採取する時に、毛を生やすための細胞部分を破壊してしまうと、もしその毛を移植しても毛は生えてきません。

メスやパンチマシンで毛を採取するときに、どうしても一定の割合で髪の毛を生やすための重要な細胞部分を壊してしまうことがあるのです。

これが定着率が絶対に100%にならない理由です。

FUEはパンチマシンで1本ずつ毛をくり抜きますが、その際にどうしても毛根部分をパンチマシンの刃が切断してしまいやすいです。

アジア人は毛根が長いために、FUEではドナー採取時に切断しやすいという側面もあります。

一方FUTは、縦1cm横15~25cmほどのエリアをメスで切り取って、それを丁寧に1グラフトずつさらに細かくしてから移植します。

この方法だとほとんど毛根部分を切断せずに済むために、定着率が90%を超えやすいのです。

  • 定着率が高いのはFUT!

    「残っている髪の毛の本数が少ない」「大量の植毛本数が必要」な場合は、定着率が高いFUTを選択するべきです。

    自動的に毛をくり抜くマシンが登場し、最近ではFUEの定着率も徐々に上がりつつありますが、それでもFUTの定着率には敵いません。

自毛植毛後のキズ、FUT法は線状の傷ができFUE法はほぼ目立たずも要注意

FUTとFUEでは、自毛植毛後に残るキズの種類も大きく異なります。

FUT:線状のキズができる

FUE:キズがほとんど目立たない(ただし植毛本数が少ない場合)

キズに関してさらに詳しく解説していきましょう。

FUTは後頭部に線状のキズが残る

後頭部からドナーを採取するFUTは、採取した後に糸で傷跡を縫い合わせます。
徐々にキズは目立たなくなりますが、それでも線のような傷跡が残ってしまいます

後頭部の一番目立たない場所からドナーを採取するため、普通に髪の毛を伸ばしていればキズは隠れます。
ただし髪の毛が短いとキズが露出する可能性はあります。

FUTのキズを隠すためには目安として3cm程度の髪の毛の長さが必要でしょう。

FUEのキズはほとんど目立たない、しかし…

FUEは1箇所あたり米粒ほどの面積で頭皮をくり抜いていきます。

1つ1つの傷跡はほとんど目立たず、1.5cmほどの短い髪の毛でも自毛植毛を受けたことはバレにくいです。

ただし大量にドナーを採取するとFUEのキズも目立ち始めます

1つ1つは米粒ほどだとしても、それが大量に後頭部に点在するとどうなるのか?

後頭部が異様にスカスカに見えてしまったり、白いまだら模様のように見えてしまったりします。

経験の乏しい植毛医はFUEで無理して大量のドナーを採取して、取り返しのつかない傷跡を後頭部に残してしまうことがあります。

FUEは少ない本数の植毛であれば傷跡は目立ちにくいのですが、一定量を超えると逆にFUTよりもキズが目立つというやっかいな植毛法なのです。

  • FUEはまだノウハウがあまり蓄積されていない新しい植毛法なので、植毛医も経験に乏しいことがあり、思わぬ失敗をしてしまうことも。

    自毛植毛のキズは後から再植毛などで隠せません。

    キズがどの程度残るのか自毛植毛前のカウンセリングでしっかりと打ち合わせをしておきましょう。
    後悔先に立たずですよ!

FUT法はFUE法に比べて手術時間が短い

手術時間はFUTの方が短めです。

FUEはパンチマシンで少しずつドナーをくり抜いていきますが、FUTは一気にメスで切り取れるからです。

FUTで4時間ほどかかる規模の場合は、FUEだと6時間程度かかるでしょう。

FUT法は1回の植毛可能本数が多い

1回の植毛で移植できる本数には限界があります。

なぜなら大量に植毛するとドナーが髪の毛を生やす機能を失ってしまうかもしれないからです。

ドナーは単なる髪の毛ではなく、髪の毛を作り出す「生きた細胞」です。

長時間頭皮から切り離された状態が続くと、血液を通して細胞に栄養が行き渡らずに死んでしまいます。

死んだ細胞を頭皮に移植しても、もちろん髪の毛は生えてきません。

自毛植毛の本数が増えれば増えるほど、ドナーが頭皮から切り離された時間が長くなってしまい、定着率も悪化してしまいます。

それを防ぐために、大半の植毛クリニックが1回の植毛本数にある程度の制限を設けています。

FUT:迅速に植毛を進められるので、1回あたりの植毛本数を多くすることも可能です。

FUE:パンチマシンで少しずつくり抜いていくその仕組み上、どうしても植毛には時間がかかるため、1回の植毛で可能な本数は少なくなりがちです。

【1回の自毛植毛で可能な本数の目安】

FUT:8,000本
FUE:4,000本

  • ただし通常は定着率を上げるためにも、もっと少なめの本数で自毛植毛を行うのが一般的です。

    大量の植毛(メガセッションと呼びます)は、定着率が下がるリスクがあることをしっかりと覚えておきましょう!

FUT法とFUE法のメリットやデメリットをチェック

先述したFUTとFUEの主な違いの比較を踏まえ、それぞれの植毛術のメリットとデメリットを確認しておきましょう!

FUTのメリット
  • 定着率が良い
  • 植毛費用が安い
  • 大量の植毛(メガセッション)が可能
  • 手術時間が短い
  • 世界中でもっとも広く行われている手術法なので安全

FUTのデメリット
  • 後頭部にたくさんの髪の毛が必要
  • 短めの髪型だと線状のキズが隠しにくい
  • キズを縫合した後に突っ張った感じが残る
  • 縫合するので抜糸をしに植毛後にもう一度通わなければいけない

  • FUTはデメリットもありますが、全体的には優れた自毛植毛法。
    特に定着率が高いのは大きなメリットですね!

    FUTは幅広い人におすすめできる自毛植毛法なのです。

FUEのメリット
  • 植毛本数が少なければキズがほとんど目立たない
  • 短めの髪型でもキズがバレにくい
  • 後頭部だけでなく側頭部などから広くドナーを採取することができる

FUEのデメリット
  • 定着率が悪い
  • 植毛費用が高い
  • 手術時間が長い
  • 大量の本数を植毛すると後頭部に虫食い状のキズが残り、FUTより隠しにくい

  • FUEの大きなデメリットは、ドナー採取時に毛根を切断してしまうところ。

    ただし現在は徐々に切断率が改善されてきて、定着率は上がる傾向にあります。

    経験豊富な植毛医や高性能なロボットにドナー採取を手がけてもらえれば、定着率は大幅に上がるでしょう!

自毛植毛はどんな人に向いている?ドナー採取法ごとに違いがあります

自毛植毛の中でも、FUTとFUEのどちらを受ければいいのか迷う人は多いです。

どちらか片方が完全に優れている植毛法であればいいですが、先述したように現在のところ一長一短。

それでもおおよその目安として、FUT、FUEそれぞれに向いているタイプはあるので確認しておきましょう。

大量に植毛したい方→FUT

FUEで大量の本数(グラフト)を植毛してしまうと、後頭部に広範囲の虫食い状のキズができてしまいます。

そのため、3,000グラフト以上の植毛をするならFUTの方が適しているでしょう。

費用の安さや手術時間の短さもFUTが優れています

前髪の生え際を少しだけ自毛植毛したい方→FUE

少なめの本数を自毛植毛するならFUEがベストです。

500グラフト程度であれば、FUEのキズはほとんど目立ちません。

少しでも費用を抑えたい方→FUT

FUTの方が効率のいい植毛法なので、費用も抑えられます。

2cm程度の短い髪型が好きな方→FUE

FUTの線状のキズを隠すためには、それなりに髪の毛の長さが必要です。

FUEであれば、2cm程度の短い髪でもキズは十分隠せるでしょう。

地方在住など植毛クリニックに頻繁に通えない方→FUE

FUTはキズを糸で縫い合わせるので、植毛後に抜糸してもらうためにもう一度通わなければいけません。

FUEは抜糸の必要がないために植毛時の通院のみで終わります

後頭部に十分なドナーが残っていない方は無理に自毛植毛してはいけない

自毛植毛はどんな方にも向いているわけではありません。

後頭部に十分なドナーが確保できない場合は、無理して自毛植毛をしないようにしてください。

後頭部も薄くなりつつある状態で自毛植毛をしてしまうと、前髪やつむじへ十分なドナーが提供できないばかりか、後頭部もスカスカになってしまうといった最悪の状況に陥りかねません。

またドナーを採取しすぎて後頭部がスカスカになるとキズが隠せなくなるので、一生後悔するはめにもなります。

植毛クリニックも商売なので、残っているドナーの本数が心もとなくても、自毛植毛をすすめる可能性があります。

自分の身は自分で守るためにも、自毛植毛のメリットだけでなくデメリットも把握しておくことが大事です。

自分が自毛植毛に適していないと判断した場合は、AGA治療薬やカツラなど他の治療選択肢を選ぶようにしてください。

自毛植毛クリニックの無料カウンセリングはいくつか受けよう!

以上、自毛植毛のメリット・デメリットなどについて、ドナー採取法ごとに解説してきました。

FUTとFUEは同じ自毛植毛ではありますが、ずいぶんとメリット・デメリットが異なります。

もし自毛植毛を受けるのであれば、できれば複数の自毛植毛クリニックの無料カウンセリングを受けるべきです。

なぜなら自毛植毛クリニックではFUTとFUEのどちらか片方だけが得意というパターンが多く、本来はFUTの方が適しているのに、無理やりFUEで自毛植毛されてしまうといったケースも珍しくないからです。

  • 自毛植毛クリニックによっては、取り扱っていない植毛法のデメリットを過剰にアピールするところもあります。

複数の植毛クリニックでカウンセリングを受ければ、自分が本当に適しているのはFUTなのかFUEなのかが明確になるでしょう。

自毛植毛は大掛かりな薄毛治療法で、キズの問題や高額な費用などお世辞にも気軽に受けられるとは言えません。

後悔しないように万全の準備をしてから自毛植毛を受けるようにしてください!

  • ちなみに僕は銀クリでAGA治療中です。

    内服薬とメソセラピーの施術で治療していますが、とくに面倒に感じてないですし、費用面の負担も感じずストレスフリーで継続できています。


銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初期費用:3,300円、(血液検査を受ける場合)8,800円(税込)
・1ヶ月の料金:約7,150~19,250円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,800円(税込)
・近藤あきらが実際に通院して治療中です!
AGA治療2年間の薄毛改善記録


  • 最後まで通院するか迷ったAGAクリニックの中で、植毛の施術を行っているクリニックはこちらです!

※スマホでご覧の方は横スクロールできます。

クリニック名 施術可能院 主な料金(目安) 公式ページ
AGAスキンクリニック ・AGAスキンクリニック 新宿東口レディース院 スマートグラフト自毛植毛
基本料金300,000円(税別)
100グラフト(8.5㎠):100,000円(税別)

公式ページ

SBC 湘南美容クリニック ・湘南AGAクリニック新宿本院
・名古屋栄院 AGA専門外来
・湘南AGAクリニック大阪院
・湘南AGAクリニック仙台院
・AGA福岡院
自毛植毛 ARTAS植毛
500グラフト:490,000円(税込)

公式ページ

※AGAスキンクリニックでは、遠方の方への交通費補助制度(最大2万円)あり。
※湘南美容クリニックでは、『自毛植毛 シークレットシェーブン植毛』のほか、AGA福岡院のみの『自毛植毛 ドナーストリップ法』『自毛植毛 ノンシェーブン植毛』などがあります。

詳しくは公式ページにてご確認ください。


関連記事

ライター情報

近藤あきら

近藤あきら

25歳を過ぎた頃から薄毛に悩み始め、慌てて育毛剤などを試すも効果なく、ハゲを治す最後の頼みの綱として、都内にあるAGAクリニック『銀クリ(銀座総合美容クリニック)』で治療を受けることを決断して現在も通院中!  『公益社団法人 日本毛髪科学協会』会員、念願の毛髪診断士の資格を取得! 基本くだらないことばかりですが、たまに良いことや役立つ情報もつぶやいてます。⇒近藤あきらツイッター

  • facebook
  • twitter
  • google
  • hatena
  • line
ハゲネタNO.1決定戦 激毛!H-1グランプリ
  • AGA治療クリニック 突撃!取材レポート