近藤の銀クリ治療経過

  • 治療開始前
    (頭頂部)

    治療2年
    (頭頂部)

  • 治療開始前
    (後頭部)

    治療2年
    (後頭部)

銀座総合美容クリニックの治療体験談

紀尾井町クリニックの自毛植毛を解説!FUT&FUEのコンビネーション植毛とは?

※本記事は2019年4月末時点の情報をもとに作成しています。

紀尾井町クリニック(きおいちょうクリニック)は、東京と大阪で自毛植毛を手がけているAGA治療クリニックです。
FUTとFUEを組み合わせる「コンビネーション植毛」が特徴的です。

アフターフォローや宿泊サービスにも力を入れており、安心して自毛植毛を受けられるプレミアム感が漂うクリニックとなっています。

この記事では紀尾井町クリニックの自毛植毛について、メニューや費用などを詳しく解説していますので参考にしてください。

目次

紀尾井町クリニックの4つの特徴とは

FUTとFUEを組み合わせたコンビネーション植毛

自毛植毛の2大手術法であるFUTとFUEを組み合わせた「コンビネーション植毛」が受けられます。
ドナー(植毛する髪の毛)を確保したうえで傷跡を小さくでき、植毛費用も下げられます。

日本ではまだコンビネーション植毛を受けられるクリニックは少なく、紀尾井町クリニックなど数えるほどしかありません。

FUTの傷跡はトリコフィティック縫合法で縫い合わせる

自毛植毛の代表的な方法であるFUTは、後頭部に線状の傷ができてしまいます。

そこで紀尾井町クリニックでは、トリコフィティック縫合法と呼ばれる、傷跡が目立ちにくいように頭皮を被せて縫う特殊な縫合法で傷跡を縫い合わせます。

人によっては傷跡がまったく分からなくなるケースもあります。

ホテルニューオータニに宿泊可能

地方在住の人は宿泊サービスが受けられます。
東京本院で自毛植毛を受ける場合は、日本を代表する名門ホテルである「ホテルニューオータニ」に宿泊可能です。
世界的にも評価の高い日本庭園を備えたホテルで、手術前日あるいは当日にゆっくりと過ごせます。

アフターフォローがしっかりしている

紀尾井町クリニックは自毛植毛後のアフターフォローにも力を入れています。
植毛箇所にトラブルが起きたり、術後の経過で心配な点があったりした場合は、紀尾井町クリニックの医師による診察を受けられます。

紀尾井町クリニックの治療にかかる費用

紀尾井町クリニックの自毛植毛や内服薬処方の費用を確認しておきましょう。

自毛植毛の費用

紀尾井町クリニックの自毛植毛費用は「初期費用+植毛本数に応じた費用」の合計です。
2種類の植毛法(FUTとFUE)で費用が異なります。

初期費用 20万円
FUE 1グラフトあたり600円
FUT 1グラフトあたり900円
血液検査費用 3,000円
※費用はすべて税抜です
※血液検査は他医療機関の検査結果で代用可能です
※グラフト(株)とは髪の毛を生やす毛包のことで、植毛手術の最小単位となります。1グラフトあたり平均して2本の毛が生えてきます。
FUEやFUTって何?自毛植毛の詳細記事はこちら

自毛植毛のメリットやデメリット・手術法の違いを解説!

 
では、1000グラフトを植毛した時の費用を計算してみましょう。

ちなみに血液検査は感染症の有無を調べるためのもので、他の病院で検査した結果があれば代用可能です。

【FUTの場合】
初期費用:20万円
本数に応じた費用:1,000グラフト×600円=60万円
合計:80万円

【FUEの場合】
初期費用20万円
本数に応じた費用:1,000グラフト×900円=90万円
合計:110万円

※料金はすべて税抜です。

  • 例えば湘南美容クリニックの自毛植毛ARTAS(アルタス)植毛(FUE)の場合、初期費用は掛からず、1グラフトあたり620円からとリーズナブル。

    費用を抑えたい方は、湘南美容も要チェックです!

SBC湘南美容クリニック

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛) ・初期費用:無料(要血液検査:税込3,870円)
・1ヶ月あたりの料金:税込3,000円~(初回のみ1,800円~)とリーズナブル
・オリジナル治療薬「HRタブレット」なら全額返金制度の対象(※初回処方より半年間継続服用で効果が無い場合など条件あり)
全国69院展開(2019年11月現在)、AGA来院数約5万7千人の実績!(※2018年)


期間限定のキャンペーン価格について

紀尾井町クリニックではキャンペーン価格で割引が受けられるケースがあります。

現在、2019年7月31日までに自毛植毛を受けると、FUT/FUEそれぞれ1グラフトあたり100円引きになります。

FUT:1グラフト600円⇒500円
FUE:1グラフト900円⇒800円
※2019年7月31日までに手術を受けた人限定

手術予約金10万円

カウンセリングを受けて植毛手術の日程が決まると、手術予約金10万円が必要になります。

植毛を受けると、その10万円が治療費に充てられるシステムです。

例えば手術費用が80万円だとすると、カウンセリング後の予約時にまず10万円を手術予約金として支払います。

そして残りの70万円を、手術当日に現金やカード、あるいはメディカルローンにて支払うことになります。

もちろん手術費用にさらに追加で10万円が必要になるわけではないので安心してください!

  • なお手術予約金は現金で支払わなければいけません。
    クレジットカードやメディカルローンでは支払えないので注意してください。

支払い方法・メディカルローンについて

支払い方法は以下の3つが使えます。

 
・現金
・クレジットカード(JCB・VISA・MASTER・AMEX・ダイナース・セゾン・UC・銀聯が利用可能)
・メディカルローン(金利はメディカルローンとして一般的な9.0%です。)

【メディカルローンについて】

分割可能回数:3~60回
金利:9.0%(※審査によって可変)
信販会社:アプラス・オリコ・ジャックス・セディナ
保証人:未成年、アルバイト・パート、短期の派遣社員、外国人は保証人が必要

内服治療薬の費用

紀尾井町クリニックで処方しているAGA治療薬の価格です。

治療価格自体は他のクリニックと同程度ですが、処方料として毎回2,000円(税抜)がかかってしまいます。

処方薬 費用(税抜)
フィナステリド錠 1mg(富士化学工業) (28錠)4,200円
フィナステリド錠 1mg(武田テバ) (28錠)5,040円
(90錠)16,200円
プロペシア錠 1mg(MSD) (28錠)7,000円
(90錠)22,500円
ザガーロカプセル 0.5mg(グラクソ・スミスクライン) (30カプセル)8,000円
※すべて処方料(税抜2,000円)が掛かります。
※希望者はAGA遺伝子検査(税抜20,000円)が可能です。

 
紀尾井町クリニックはあくまで自毛植毛を受けるクリニックとして利用した方がよさそうです。

例えば湘南美容クリニックでは、オリジナル治療薬「HRタブレット(フィナステリド)」が1ヶ月あたり税込3,000円(初回のみ1,800円)とリーズナブル。

植毛後に継続して処方薬を処方してもらうなら、別のクリニックの方が費用を抑えられるでしょう。

SBC湘南美容クリニック

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛) ・初期費用:無料(要血液検査:税込3,870円)
・1ヶ月あたりの料金:税込3,000円~(初回のみ1,800円~)とリーズナブル
・オリジナル治療薬「HRタブレット」なら全額返金制度の対象(※初回処方より半年間継続服用で効果が無い場合など条件あり)
全国69院展開(2019年11月現在)、AGA来院数約5万7千人の実績!(※2018年)



宿泊サービスについて

80万円以上の植毛費用がかかる場合は、ホテルへの宿泊サービスが受けられます。
東京本院はホテルニューオータニ東京に宿泊できるので、遠方から植毛を受ける人はぜひ利用しましょう。

東京本院⇒ホテルニューオータニ東京(東京都千代田区紀尾井町4-1)

新大阪院⇒コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション(大阪府大阪市淀川区宮原1-2-70)

自毛植毛を受けるまでと術後の流れ

紀尾井町クリニックで自毛植毛を受けるまでと、術後の流れを確認しておきましょう。

自毛植毛を受けるには、カウンセリング時と植毛手術時の最低でも2回は来院する必要があります。

遠方に住んでいて来院が難しい人は相談してください。
カウンセリングではなく画像診断でも代用が可能です。(詳しい解説は後述します)

STEP1.カウンセリングの予約

まずはカウンセリングの予約です。

東京本院あるいは新大阪院に電話をして、都合のいい時間帯を伝えてください。

カウンセリング可能な時間は以下の通りです。

【東京本院】
月~土:13~18時台(土曜日のみ17時台まで)

【新大阪院】
月~土:13~17時台

※東京本院、新大阪院ともに、午前中は曜日によってカウンセリング可能かどうか異なります。事前に確認してください。

STEP2.カウンセリングで植毛本数や費用を決める

自毛植毛においてカウンセリングは重要です。
じっくり時間をかけて以下のことをカウンセリングスタッフと話し合いましょう。

  • どの程度の本数を植毛するのか
  • どの部位からドナーを採取するか
  • 傷はどの程度残るのか

植毛手術前には感染症を予防するための血液検査が必要です。

血液検査結果が出るまでには数日かかるため、植毛手術当日には検査できません

紀尾井町クリニックで検査をする場合は、カウンセリング時に必ず行ってください。

STEP3.当日の植毛

当日に執刀医師から植毛箇所・デザインなどの最終確認が行われます。

頭皮に麻酔をしてから植毛手術となります。
植毛当日は、入院せずにそのまま帰宅可能です。

FUTで自毛植毛すると傷跡の縫合に吸収糸を使用します。
自然に体内に吸収されるので抜糸は必要ありませんが、もし気になるようなら植毛後14日以上経過すれば抜糸も可能です。

STEP4.アフターケア

自毛植毛後に通院する必要はありません。
ただし術後の経過で心配な点があれば、診察を受けることは可能です。

自毛植毛後の経過は誰しもが不安。
特に術後に植毛した毛が抜けてしまう現象は、多くの人が不安になるようです。

植毛した毛は一度全部抜け落ちて、そこから数ヶ月かけて徐々に生えてきます。
最初に毛が抜けるのは正常な現象なのです。

あまり術後の経過に一喜一憂しない方が良いでしょう。

ただし皮膚に猛烈な痛みやかゆみが生じた場合は要注意です。
植毛した毛が拒絶反応を起こしている可能性があるためです。

紀尾井町クリニックでは術後のフォローもしっかりしているので、何か不安なことがあれば相談してみましょう!
遠方の人は頭皮の状態を写真に撮影して画像診断を受けられます。

遠方の人向けの1泊2日プランとは

紀尾井町クリニックで自毛植毛を受けるには、最低2度の通院が原則です。

しかし東京や大阪から離れた地域の人や、忙しい人にとっては2度の通院は負担になってしまいます。

そこで紀尾井町クリニックでは「1泊2日の植毛プラン」が用意されています。

【植毛前(来院不要)】
事前に頭皮の写真を4箇所(生え際、左右の側頭部、つむじ)撮影して、画像診断を受ける。
感染症の有無がわかる血液検査結果を各自準備。

【前日(来院不要)】
指定のホテルに宿泊。
※宿泊を植毛手術当日に変更することも可能

【当日】
植毛を受ける。

事前に頭皮の状態を画像でチェックしてもらうことで、カウンセリングの代わりにするわけです。

4方向からの頭皮の写真があれば、大よその植毛可能本数は分かります。
当日に医師が最終確認をして、すぐに植毛に取り掛かかります。

注意が必要なのは「血液検査」です。

自毛植毛は出血を伴うために、医師に感染症のリスクがあります。
事前に必ず他の医療機関で感染症の検査を受けて、その結果を紀尾井町クリニックに提出しなければ自毛植毛は受けられません。

1泊2日プランを利用する場合は、事前に血液検査について詳細を確認しておきましょう。

自毛植毛はFUTとFUEのどちらがおすすめ?コンビネーション植毛についても解説

紀尾井町クリニックには「FUT」と「FUE」の2つの植毛法が用意されています。
それぞれにメリットやデメリットがあるので確認しておきましょう。

なお紀尾井町クリニックでは1度の植毛でFUTとFUEを組み合わせた「コンビネーション植毛」が受けられます。
FUTとFUEのデメリットを打ち消し合う優れた植毛法です。

FUTのメリット・デメリット・向いている人とは

FUTはもっとも症例数が多い標準的な自毛植毛法です。
費用、ドナー採取の効率、定着率などすべての面でバランスが取れており、紀尾井町クリニックも推奨しています。

【FUTのメリット】

・大量の自毛植毛が可能

FUTは大量の自毛植毛に向いています。
2,000グラフト以上(約4,000本)の大規模な自毛植毛でも、傷跡を最小限に抑えられます。

・費用が安い

FUTの費用は1グラフト600円です。
FUEの1グラフト900円に比べると安くなっています。

・手術時間が短い

効率よくドナーを採取できるFUTは、自毛植毛にかかる時間が短くなります。

【FUTのデメリット】

・線状の傷が後頭部に残る

FUTは後頭部にメスを入れて、指1~2本分ほどの太さの頭皮を切り取ります。
切り取った箇所は縫合(糸で縫い合わせる)しますが、線状の傷が残ってしまいます。

傷が残っても後頭部の髪で隠れるので、日常生活で人に傷を見られることはないでしょう。
しかし髪が濡れてしまったり、短い髪型にしたりするとバレてしまうことがあります。

・ダウンタイムが長くなる

後頭部の傷が塞がるのに時間がかかります。
その間は洗髪などの日常生活に支障がでてしまうでしょう。

FUTにはデメリットもありますが、メリットの方が目立つ自毛植毛法です。

FUT特有の線状の傷は後頭部の目立たない箇所です。
人に見られることが少ない箇所なので、バレることはないでしょう。

また紀尾井町クリニックではトリコフィティック縫合法という傷跡が目立たない方法で縫い合わせます。
線状の傷にあまり神経質になる必要はありません。

  • 心配な場合は、無料カウンセリングの時に他の患者のFUTの後頭部の傷の写真を見せてもらいましょう。

FUEのメリット・デメリット・向いている人とは

もう1つの自毛植毛法であるFUEは、FUTと違ってメスを使いません。
特殊なマシンで米粒ほどの面積の頭皮をくり抜き、ドナーを採取していきます。

【FUEのメリット】

・小規模な自毛植毛であれば傷がほとんど目立たない

自毛植毛の本数が少なければ、傷はほとんど目立ちません。
1つ1つの傷が小さすぎて、10cm程度の距離から見られても傷が判別できないほどです。

・後頭部だけでなく側頭部からもドナーが採取できる

自毛植毛では原則として後頭部からドナーを採取します。

しかし場合によっては後頭部も薄毛が進行して、十分なドナーを採取できない場合もあるでしょう。
FUEのドナー採取箇所は柔軟に変えられるため、後頭部だけでなく側頭部からも採取可能です。

【FUEのデメリット】

・費用が高い

FUEの1グラフト単価は900円で、FUT(600円)の1.5倍です。
多くの本数を植毛すると費用負担が大きくなってしまいます。

・大量の自毛植毛が難しい

FUEでドナーを採取した箇所からは、髪の毛が生えてくることはありません。
大量のドナーをFUEで採取すると、髪の毛が生えてこない面積が広くなりすぎて、後頭部がスカスカになってしまいます。
そうなってしまうと治療する方法はもうありません。

そのため紀尾井町クリニックでは1000グラフトを超える自毛植毛は、FUEではなくFUTで行っています。

・手術時間が長くなる

FUEはFUTと比べてドナー採取の効率が悪いです。
そのため作業に時間がかかり、手術時間が伸びてしまいます。

FUEには小規模な植毛であれば傷が目立たないメリットがあります。

ただし1,000グラフトを超えると、後頭部のスカスカが目立ってしまい危険です。

このようにFUTもFUEにも、それぞれデメリットがあるため、紀尾井町クリニックでは、1度の自毛植毛でFUTとFUEを組み合わせるコンビネーション植毛を積極的に行っています。

コンビネーション植毛とは

すべてを同一の植毛法で行うと、それぞれのデメリットがどうしても目立ってしまいます。
そこで、一部分をFUT、残りの部分をFUEで行う植毛法が「コンビネーション植毛」です。

【コンビネーション植毛のメリット】

・FUTの傷を小さくできる

すべてのドナーをFUTで採取してしまうと、後頭部の線状の傷が長くなってしまいます。
コンビネーション植毛ならFUTでの採取量を少なくできるため、線状の傷が小さくなります。

・頭皮が硬くてもドナー量を確保できる

頭皮が硬く皮膚があまり動かない人は、FUTだけではドナー量が確保しづらくなります。
コンビネーション植毛であればFUTでの採取をメインにしつつ、足りない分をFUEで補うといった柔軟性のある植毛が可能です。

・FUEよりも植毛費用を下げられる

すべての箇所をFUEで行うよりも、コンビネーション植毛の方が費用を下げられます。

  • コンビネーション植毛は欧米では一般的になりつつありますが、日本で取り入れているクリニックは少なめ。

    コンビネーション植毛を受けたい方は、紀尾井町クリニックを検討してみましょう。

紀尾井町クリニックの診療時間とアクセス方法

東京本院 【住所】東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンタワー ビジネスコート7F
【アクセス】
東京メトロ銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」:D出口より徒歩3分
東京メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」:7番出口より徒歩3分
JR「四ツ谷駅」:徒歩8分
【診療時間・定休日】
月曜~金曜:8時30分~18時
土曜:8時30分~17時30分
【休診日】
日・祝日:休診(GW期間は除く)
新大阪院 【住所】大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1 新大阪ブリックビル2F
【アクセス】
地下鉄御堂筋線「新大阪駅」:1番出口より徒歩2分
JR「新大阪駅」:西口出口より徒歩3分
【診療時間・定休日】
月曜〜土曜:8時30分〜17時30分
【休診日】
日・祝日:休診

 

紀尾井町クリニックでFUT&FUEのコンビネーション植毛を受けよう!

紀尾井町クリニックの自毛植毛を中心に詳しく解説してきました。

紀尾井町クリニックの最大の特徴は「コンビネーション植毛」でしょう。
FUTとFUEのデメリットを打ち消し合い、安全に大量の植毛が可能になっています。
後頭部の傷跡を最小限に抑えられ、植毛費用も節約できる優れた植毛法です。

またアフターフォローも充実。

術後に不安がある人は、紀尾井町クリニックが有力な選択肢となるでしょう。
手術前にホテルニューオータニに宿泊してくつろげるのも好印象です。

プレミアム感漂うクリニックで自毛植毛を受けたい人は、紀尾井町クリニックも検討してみてください。

 

  • 湘南美容クリニックも、植毛の施術が充実していてリーズナブル。

    植毛費用を抑えたい方は、湘南美容クリニックもチェックしてみてください。

SBC湘南美容クリニック

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛) ・初期費用:無料(要血液検査:税込3,870円)
・1ヶ月あたりの料金:税込3,000円~(初回のみ1,800円~)とリーズナブル
・オリジナル治療薬「HRタブレット」なら全額返金制度の対象(※初回処方より半年間継続服用で効果が無い場合など条件あり)
全国69院展開(2019年11月現在)、AGA来院数約5万7千人の実績!(※2018年)



 

  • ちなみに僕は銀クリでAGA治療中です。

    ミノキシジルとフィナステリドの内服薬と月に一度のメソセラピーの施術を受けています。

    治療薬は1ヶ月あたり7,020~18,900円(税込)でメソセラピーも1回19,440円(税込)とかなりリーズナブル。

    費用をかなり抑えたい方、内服薬の治療も検討している方は、銀クリの公式サイトも要チェックです!

    なお銀クリ通院レポートでは画像付きの改善記録も公開しているので、そちらも見てみてください。


銀クリ(銀座総合美容クリニック)

公式サイト(gincli.jp) ・新橋駅すぐ、首都圏からアクセス抜群!
・初期費用:3,300円、(血液検査を受ける場合)8,800円(税込)
・1ヶ月の料金:約7,150~19,250円(税込)
・メソセラピーがリーズナブル!1回あたり19,800円(税込)
・近藤あきらが実際に通院して治療中です!
AGA治療2年間の薄毛改善記録



関連記事

ライター情報

近藤あきら

近藤あきら

25歳を過ぎた頃から薄毛に悩み始め、慌てて育毛剤などを試すも効果なく、ハゲを治す最後の頼みの綱として、都内にあるAGAクリニック『銀クリ(銀座総合美容クリニック)』で治療を受けることを決断して現在も通院中!  『公益社団法人 日本毛髪科学協会』会員、念願の毛髪診断士の資格を取得! 基本くだらないことばかりですが、たまに良いことや役立つ情報もつぶやいてます。⇒近藤あきらツイッター

  • facebook
  • twitter
  • google
  • hatena
  • line
ハゲネタNO.1決定戦 激毛!H-1グランプリ
  • AGA治療クリニック 突撃!取材レポート